So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ポーラ美術館開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」 [美術館]

今週末は国立西洋美術館へ「北斎とジャポニズム」展を見に行くつもりだったのですが、ちょっと予定変更して千葉方面へ紅葉狩りに行ってきました。
まぁその話は後日書くとして、箱根旅行の続きを先に。



桃源台駅前から箱根登山バスT路線に乗り、途中の仙郷楼前バス停で観光施設めぐりバスに乗り換え、ポーラ美術館を目指します。
桃源台駅からはすぐにバスが来て乗れたのですが、仙郷楼前でなかなかバスが来なかったので美術館へ着いた頃には11時半になっていました。

約1年ぶりのポーラ美術館着。妹は初ポーラです。
ポーラ1.jpg
雨模様だからか思っていたよりも人が多いかも。

館内に入ってエントランスのある1階に降りるとすぐ目に付く屋外作品
しあわせな犬
ポーラ2.jpg
ハロウィンだから?それとも芸術の秋だから?
ベレー帽被って絵筆とパレット持っておめかししておりました。

ここの美術館も箱根フリーパスを提示すると入場料が200円割引の1600円になります。
荷物をロッカーに預けてから入場料を払って地階の会場へ。
ポーラ美術館では2017年10月1日~2018年3月11日まで開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」が開催されています。
今回はポーラ美術館所有作品による特別展なので一部の作品を除いて撮影OKになっていました。

何点か昨年見た作品も含まれていましたが、名画は何度見ても良いものなので問題無し(`・ω・)b
今回の特別展では100点の作品を1860年代~1960年代までの年代別に20のテーマに分け、西洋と日本の近代絵画の流れを順番に見て行く構成になっていました。
(が、それに気付かず最初に第二会場になっている地下2階から先に廻ってしまったので1920年代から先に見る事に[あせあせ(飛び散る汗)]

作品には各界で活躍している17名から「この絵が名画である理由」をテーマとしたコメントも一緒に紹介されていました。



写真多めなので続きは ↓ から




にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

箱根旅行記2017秋【箱根神社と海賊船】 [旅行]

箱根旅行記に戻ります。

箱根旅行2日目(10/28)は雨模様でスタート。
天気によっては美術館メインで廻るルートで考えていたのですが、それほど酷い雨でもなかったので前日乗り損ねた海賊船に乗る事にしました。
妹は箱根ドールハウス美術館ポーラ美術館へ行きたがっていたので、ルートを調べてみたら、ドールハウス美術館はちょうど富士屋ホテルから海賊船乗り場のある元箱根港へ向かうバスルートの途中にある事が判明。
じゃ、ドールハウス美術館から行ってみようかとも考えていたのですが、この美術館は開館時間が10時から。
その後見て回ろうと考えていたルートの予定が厳しくなってしまいそうなので今回は諦めてまずは箱根神社へ向かう事にしました。

まずは富士屋ホテル内のレストラン「ザ・フジヤ」で朝ご飯。
富士屋ホテル1.jpg

ハロウィン直前だったので、レストラン前の飾りはハロウィン仕様になっていました。
富士屋ホテル2.jpg
この奥は宴会場のカスケードルームか厨房にでも繋がっているのでしょうか。いつも屏風が置かれていて奥には行けない様になっています。


続きは ↓ から。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

VRってスゴイんデス!?「VRウユニ塩湖」@国立科学博物館 [博物館]

第2会場ではパネル展示の他に「VRウユニ塩湖」なる有料(1回500円)アトラクションゾーンがありました。
スルーしてミュージアムショップへ行こうかと思ったのですが、そう言えば最近のVRって体験した事が無いし、それに4K映像コーナーのウユニ塩湖、キレイだったなぁ…。
1回はやってみても良いかも、と思い直し列へ。

ちょうどその日最後の回の残り1人分にギリギリで入る事が出来ました。


待っている間にアトラクションの説明が。
VR世界内ではプレイヤーはエケコ人形になり、両手に持ったコントローラーがエケコ人形の手になって願い事アイテムを取れるとのこと。

取ったアイテムはエケコ人形の頭や胸に付ける事が出来て、自分だけのオリジナルエケコ人形に。
出来上がったエケコ人形はアトラクション内でスクリーンショット撮影をしてくれ、サイト上でいつでも見られる様にQRコードを渡してくれる、というものでした。
所用時間は10分ほどですが、VR用の機械を取り付けてもらったりする時間も含めて、なので実際VR映像を見ている時間は5分もなかったと思います。


順番が来てVRヘッドセット被らせてもらい(顔に密着する部分にはちゃんと使い捨てのシートを付けてくれます)コントローラーを持たせてもらってVRウユニ塩湖の旅へスタート。


そして最後に出来上がった自分的オリジナルエケコ人形がこれ
VRウユニ.jpeg
ショボい(;´Д`)

…何かもっと色々アイテムをくっ付けられたみたいなのですが、上手く付けられずに時間終了になってしまい「何じゃ、こりゃ[たらーっ(汗)]」なエケコ人形に。


肝心のVR画像ですが、メガネをかけたままヘッドセットを被ってしまったせいかピントぼけぼけになってしまい、全く臨場感を感じられなかったのが残念でした[たらーっ(汗)]
椅子に座った状態で操作するので、手以外の動きが殆どなかったのもあるから余計臨場感に乏しかったのかもしれませんが、基本的には昔持っていたヘッドマウントディスプレイと何ら変わっていなかったような気がします(;´Д`)




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

アンデスってスゴイんデス!?「古代アンデス文明展」@国立科学博物館 その2 [博物館]

記事を書く時いつもちょっと悩むのです。
美術館うろちょろネタなら共通テーマは「アート」で良いのですが、博物館うろちょろネタだと必ずしもアートじゃない場合があるのでどれにしようか、と。

「歴史」や「文化」テーマとかがあるならそっちにするのですが、So-netブログのテーマカテゴリーにはないんですよね(;´Д`)
今回の「古代アンデス文明展」もちょっと悩んで「アート」にしてみましたが、まぁ広い目で見てみたら間違いなくアートですよね。


モチェ文化から進んで次はナスカ文化へ。
ナスカと言えば地上絵が有名ですが、今回は地上絵に関する展示はほぼ無しです。

「4つの首が描かれた土製内弯鉢」ナスカ文化
アンデス18.jpg
いきなりデザインがマンガチックになった、と思って見たら描かれているのは首級または奉納用の首だとか…(((( ;゚Д゚)))[あせあせ(飛び散る汗)]

「2匹の魚が描かれた土製の皿」ナスカ文化
アンデス19.jpg
ナスカ文化はモチェ文化とほぼ同時期に発展した文化ですが、モチェ文化より簡素化されつつもモチーフの特徴をよく捉えている大胆なデザインになっています。


写真多めなので続きは ↓ から。



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む?


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

アンデスってスゴイんデス!?「古代アンデス文明展」@国立科学博物館 その1 [博物館]

さて、ようやく「古代アンデス文明展」へ。
アンデス.jpg
日本館のコイン返却式ロッカーへ荷物を預け、そのまま本館を抜けて地球館の特別展入場口へ直接向かいます。
新しく購入したリピーターズパスを見せ、特別展料金(1600円)から常設展料金(620円)を差し引いた980円を払って地下へ。

余談ですが、国立科学博物館(かはく)には「リピーターズパス(1年1030円)」の他に「友の会(1年4110円、2年7200円)」というのがあります。
リピーターズパスは常設展は期間内無料。特別展の時は先述の通り、特別展料金から常設展料金620円を差し引いた差額で見る事が出来ますが(しかも回数無制限)、友の会会員の場合は特別展の時は各1回だけ無料で観覧することができます。
ただし今回の古代アンデス文明展は「友の会会員特典の特別展無料対象にはなっていない」ため、友の会会員であっても1600円払ってみなくてはいけません。
でもリピーターズパス割引対象にはなっているので、リピーターズパス会員であればいつも通り割引料金で見られる、って訳で。
友の会会員は他にも色々な特典がありますが、私みたいに大体特別展は各1回しか見に行かないライトユーザーはリピーターズパスで十分お得なのです。


今回は時間も押していたのでガイドは借りなかったのですが、音声ガイドではなくスマホかタブレットタイプのマルチメディアガイドだったようです。




いざ会場内へ。


写真多めなので続きは ↓ から。



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

今年もついでにTOKYO数奇フェス@上野公園 [ちょこっとうろちょろ]

今週末も上野公園付近でうろちょろしておりました。
目的は国立科学博物館で開催中の「古代アンデス文明展」だったのですが、ちょうど昨日(11/10)で東京国立博物館の年間パスポートが切れてしまうのでついでにミュージアムショップで先週買い損ねていた物を買っておこうかと。


トーハクへ向かって歩いて行くと噴水広場では今週もまた何かのイベントがやっているらしく
数奇フェス1.jpg
こんな感じのオブジェが建っておりました。


そして噴水広場の反対側にはこんな御神輿が
数奇フェス2.jpg
あっ、去年も見たTOKYO数奇フェスだぁ。


去年の数奇フェスは10月21日~23日までの3日間でしたが、好評だったからなのか今年のTOKYO数奇フェス2017は11/10~11/19までの10日間に渡って開催だそうです。
最初に見た噴水の建物は大巻伸嗣氏の大型インスタレーション作品で、かつてこの上野公園に広大な敷地を持っていた寛永寺の山門「文殊楼」をモチーフにしたものだそう。

あちこち見て回りたいところですが、今回は古代アンデス展を見に来たので我慢ガマン。
来週末も国立西洋美術館で開催中の「北斎とジャポニズム」展を見に上野へ行く予定なので、その時にゆっくり見て回ろうかと思います。


神輿は東京藝術大学の学生さんの作品ですね。
数奇フェス3.jpg
正面から見た時は神社背負った大亀なのかと思いましたが、横から見たら大きなリクガメが地面から出て来た時に背中に神社を乗っけちゃった、というシチュエーションなのかな。


バイクの御神輿もありました。
数奇フェス4.jpg


トーハクは創エネ・あかりパーク2017のライトアップも終わって通常通りのライトアップ
トーハク.jpg
先週末は入場待ちはありませんでしたが、今週末は午後6時の時点で運慶展の入場待ちが30分となっていました。
運慶展は出来たらもう一回見ておきたかったけれど、金曜夜でこれだと…もう厳しそうかなぁ[たらーっ(汗)]


本館のミュージアムショップで買い物を済ませ、国立科学博物館へ。
かはくの年パスも既に期限切れていたので、新しく購入してから「古代アンデス文明展」会場へ向かいました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


タグ:レトロ建築
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

特集企画展「運慶の後継者たち」とか [博物館]

「フランス人間国宝展」空いていた&会場もこじんまりしたサイズだったので、小一時間程で見て回れました。
時間が余ったので、前回見損ねていた特集企画展「運慶の後継者たち―康円と善派を中心に」を見に本館14室へ。



特集展示の14室は一番奥側にあるので、先に手前の18室「近代の美術」コーナーを鑑賞。
トーハクの常設作品は頻繁に入れ替えがあるので、いつ来ても飽きると言う事がありません。
近代の美術コーナーではお気に入り作品を写真に収めてくるのが常。


今回のお気に入りの1枚は

岩藤熊萩野猪(いわふじにくま はぎのにいのしし)  望月玉泉 筆
トーハク常設展1.jpg

右隻にツキノワグマの親子
トーハク常設展2.jpg
トーハク常設展3.jpg

左隻には眠るイノシシが描かれています。
トーハク常設展4.jpg
まるで絵本の挿絵の様な1双


特集企画展「運慶の後継者たち―康円と善派を中心に」

重要文化財「獅子像(文殊菩薩騎獅像および侍者立像のうち)」 康円作 興福寺伝来
トーハク常設展5.jpg
トーハク常設展6.jpg


重要文化財「善財童子立像(文殊菩薩騎獅像および侍者立像のうち)」康円作 興福寺伝来
トーハク常設展7.jpg

重要文化財「菩薩立像(ぼさつりゅうぞう)」
トーハク常設展8.jpg


全部で14躯の仏像などが展示されていました。康円(運慶の孫)作が10躯と圧倒的に多く、1躯だけが善円が手掛けたもの(残り3躯は仏師不明)

良いな、と思った仏像の何躯かが撮影不可だったのが残念[たらーっ(汗)]



刀剣のコーナーは三日月宗近の展示期間が終わっていたのでだいぶ空いていました。

国宝 太刀「長船景光(号小龍景光)」鎌倉時代
トーハク常設展9.jpg
トーハク常設展10.jpg
直刀「水龍刀」と合わせて明治天皇愛用だった刀ですね。
明治天皇は刀マニアで国内中の優れた刀をとにかく集めまくっており、結果、海外への散逸を免れた刀も多かったそうですが、とにかくやたらめったらに試し切りを行ったので刃こぼれなどの損傷を負った刀も少なからずあったそうです[たらーっ(汗)]


「二天王立像」 快助作 京丹波町 長楽寺伝来
トーハク常設展11.jpg

この木像見て思わずWinkの「淋しい熱帯魚」を思い出したバブリー世代…w





にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

上野公園ライトアップ&トーハクでフランス人間国宝展 [博物館]

箱根旅行記は一旦置いといて。

先週末の木曜日は仕事帰りに「フランス人間国宝展」を見に行ってきました。
フランス人間国宝展.jpg
ホントは先に国立科学博物館で「古代アンデス文明展」か、国立西洋美術館で「北斎とジャポニズム」を見に行こうかと思ったのですが、木曜日なのでどちらも夜間延長が無いんですよね。
連休中に出掛けても良かったのですが、上野公園だって絶対混むこと間違い無し[exclamation×2] やっぱり仕事帰りにちょっと寄って見るのが良いよね、と、木曜でも夜間延長でやっていた東京国立博物館「フランス人間国宝展」へ行く事にしたのでした。

東京国立博物館のパスポートも今月10日で期限切れちゃうし、今年はタイ展を見損ねていたからあと1回分特別展見る事が出来るしね。



写真多めなので続きは ↓ から。



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

箱根旅行2017秋:宿泊先【宮ノ下富士屋ホテル 幻の西洋館三号館】 [旅行]

今週末は3連休ですが出掛ける予定無しです(連休前の木曜日は東京国立博物館へ「フランス人間国宝展」見に行きましたが、その話はまた後ほど)
昨日は久しぶりに天気も良かったので水回りの掃除とかしていたのですが、今日はまた夕方から雨。
そして今日は何故か昼頃から急に鼻がムズムズしてくしゃみが止まらない状態になっております[あせあせ(飛び散る汗)] アレルギーなのか急性副鼻腔炎なのか…。



さて2回目の富士屋ホテルです。
今年5月の箱根旅行の時は花御殿だったので、今回は花御殿以外のところに泊まってみたいな、と思い西洋館を指定して予約していました(旅行サイトでは本館か西洋館、花御殿の中からお任せになる事が多いのですが、リゾートパスポートは1部屋に付き差額4000円を払えば館指定をする事が出来ます)
花御殿の時は部屋がどうにもカビっぽい匂いしていたので、今回は予約時にダメもとで「出来たら2階でお願いします」とリクエストしていたのでした。


さてちょっと期待しながらチェックイン。
そして 「お部屋は西洋館の115号室になります」 と言われました。


あーー、115号室って1階か。リクエストはしていたけれどリゾートパスポートだし、やっぱり一般サイトでの予約の方に良い部屋を割り当てて行くんだろうなぁ。

…とか考えながら、部屋まで案内してくれる従業員のお嬢さんに着いて行きますと
西洋館.jpg
…何と階段の上へヽ(・∀・)ノ


そして行き先は一号館でも二号館でもない真後ろ側にたった1つある部屋。
西洋館0.jpg
ここは…まさか幻の西洋館三号館COZY HOUSE(コージーハウス)[exclamation×2]



写真多めなので続きは ↓ から。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大涌谷の火山ガス量と黒たまごの美味しさは比例する [旅行]

11月ですね(*´ω`*)

今年の秋はいつまでも残暑続きだったので「今の季節は暦上ではもう晩秋」という観念がすっかり抜けていたのですが、電車の中で「浅草 鷲神社 酉の市」の吊り広告を見たら一気に気分は晩秋に…。
浅草寺 羽子板市の広告が出だすともう年の瀬です。…そろそろ仕事のノルマとか危ない[たらーっ(汗)](12月で2017年下期分が終わるので)



箱根旅行記の続き。

ロープウェイから降りて外に出ると物凄い硫黄の匂いが。
大涌谷1.jpg
5月に来た時より明らかに噴煙がもくもくと広範囲&高い場所にまで昇ってきています。

↓こちらが今年5月に大涌谷に登った時の写真
ロープウェイ5.jpg

大涌谷の名物は言わずと知れた黒たまごですが
大涌谷.jpg

黒たまごに扮したキティちゃんも名物になりつつあるようです(笑)
大涌谷2.jpg

黒たまご館1階には寄せ木キティちゃんもいましたが、こっちは顔の塗料が剥げてしまっているのがちょっと不憫[たらーっ(汗)]
大涌谷3.jpg


職場へのお土産を物色している間に妹が並んで黒たまごを買っておいてくれました。
茹で立てでまだ温かかったので大涌谷を見ながら黒たまごを食べようかとも思ったのですが、火山ガスが徐々に強くなっている様で、館内で買い物中にも咳き込んでしまうほど。
いつロープウェイが止まってもおかしくない状態だったので取り敢えず早雲山駅まで戻る事にしました。
大涌谷の滞在時間30分ほど…(;´Д`)


桃源台方面のロープウェイはまだまだ長い列が出来ていましたが、早雲山方面へのロープウェイはガラガラ状態で空いています。
なのに関西方面から来たと思わしき賑やかなおっちゃん&おばちゃんグループと同じゴンドラに…[たらーっ(汗)]
ゴンドラ内が一気に関西弁&昭和ギャグで賑やかになります。
ロープウェイに乗るとなんで人はあそこまでハイテンションになれるんでしょうね(;´Д`)



ますます広範囲の樹が立ち枯れている状態の大涌谷付近
大涌谷4.jpg
徐々に硫黄の匂いは薄れてきましたが、それでもだいぶまだゴンドラ内に籠っています。

関西弁おっちゃん「今、おならしてもワカランな(笑)」

…シャレにならん、辞めて(;´Д`)[あせあせ(飛び散る汗)]


反対側の尾根にまでは火山ガスは届いていない様ですが、ロープウェイ下側の樹はやはり全部立ち枯れています。
ゴンドラの窓に付いた黒い汚れはまさか噴石が当たった跡…??
大涌谷5.jpg
大涌谷駅からロープウェイに乗る際にメディカルシート(と言う名の濡れおしぼり的なもの)を渡され、ガスが強い時には口を当ててください、とのことでしたが、ロープウェイ内にも予備のメディカルシートと携帯酸素ボンベの入ったボックスが置かれていました。

関西弁おばちゃんが中身を強奪しようとしていましたが、カギが掛けられている様で開かなかった模様(でも緊急の時はどうやって開けるんでしょうね)


早雲山駅にはロープウェイの緊張設備があり、窓越しに見学することが出来ます。
大涌谷6.jpg
大きな緊張滑車が3枚、大涌谷駅にあるモーターで廻っている2枚の原動滑車とでロープを廻してゴンドラを動かしているんだそうです。


早雲山駅からケーブルカーに乗ろうとしたら「火山ガスが強くなって来たのでロープウェイの運行を取りやめる」とのアナウンスがありました。
…あぶなーー[あせあせ(飛び散る汗)] 山頂でのんびり黒たまご食べていたら危うく降り損ねるところでした。
ロープウェイの運行時間は17時まででしたが、その日は16時過ぎに運休→そのまま運行終了に。
強羅駅に着いた時にもロープウェイ運行終了のアナウンスが流れていましたが、ケーブルカーに乗り込む人がまだまだ列をなしていました。


登山鉄道を乗り継いで宮ノ下駅に17時頃到着。
今回の宿泊先もやっぱりここ[exclamation]宮ノ下富士屋ホテル
富士屋1.jpg

サンルームにはハロウィンカラーのアレンジメントが飾られていました。
富士屋2.jpg


宿泊先の部屋は別記事で書くとして。

チェックインを済ませて少しだけ休憩後、ホテル付近を軽く散策してみることに。
妹が「店内見てみたい」と言うので宮ノ下交差点のところにある芝商店S.M.SHIBAへ。
芝商店.jpg
アンティークショップ、というか古美術店…ですね。
敷居がちょっと高そうに感じましたが、入ってみるとそんなことはなく、気さくなご主人が色々と店内の商品の説明をしてくれました。
お値段の方も高い物ばかりではなく、英世さん1人分とかで気軽に買える小物なども置いてあります。
店内の商品をぐるり見て回り、妹が昭和初期に描かれたという手長猿の水墨画(肉筆画)を気に入ったようだったので旅行記念にプレゼント。
自分では犬モチーフの版画と幸野楳嶺の浮世絵が気にはなったのですが、自室には飾る場所がないので諦め[たらーっ(汗)]


部屋に戻ってから黒たまごを食べましたが、5月に買った時より色が更に黒くて、美味しさも今まで食べた黒たまごの中で一番でした。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -