So-net無料ブログ作成
検索選択

大英自然史博物館展のグッズと18年前の大英自然史博物館の思い出 [博物館]

早くも連休最終日です。
結局土曜日に上野へ出掛けただけで、日曜日はいつもの胆管炎で高熱出し、月曜の今日は養生していただけで終わってしまいました[たらーっ(汗)]
自然史博物館展の後に出掛けたトーハクのミュージアムシアターで舟漕いでしまっていたので「思ったよりも疲れが溜まっているのかなぁ。今日は早めに寝て明日はゆっくり起きよう」と考えていたのですが、ちょっと遅かった[あせあせ(飛び散る汗)]
体調崩してからだと熟睡どころか細切れにしか眠れなくなるんですよね。
熟睡出来るうちに疲れを取っておくのが一番というのはわかっちゃいるんですが…(;´∀`)



最近は展覧会のオリジナルグッズ関連で検索してこのサイト来られる方もいるようなので、今回も買って来たグッズ紹介などを。
大英グッズ.jpg
ミュージアムショップではとにかく始祖鳥グッズ推しだったような気がしますw
巨大しそ君の隣に飾られているオーデュボン画の「アメリカの鳥」の中からの1枚。
カロライナインコの複製画、確か58000円位だったかと。
金額的にはどうにかなっても飾る場所がっ…orz
 …飾る場所あればホントに欲しかったです、これ。
丸善雄松堂書店発売の「アメリカの鳥」複製本のチラシもあったので貰って来たのですが、お値段的に宝くじでも当たらねば無理なヤツだ、これ…_( ┐ノε:)ノ


複製画は諦めましたが、今回の図録はもちろん買いです。
大英グッズ2.jpg
今回の展示品の中には小さくて肉眼ではよく判らない展示品も多そうだったので、「今度こそ"PENTAX 双眼鏡 PAPILIOII"の出番[exclamation×2]」と意気込んで持って行ったのですが…人多いとね、拡大された後頭部しか見えなかったからね[たらーっ(汗)]
図録では小さな展示物も拡大した写真を載せてくれているので判りやすい。

左側の黒い図録が今回の展覧会のもの。
大英グッズ1.jpg
右側の青いガイドブックは今回の展覧会グッズではなく、18年前に本場の大英自然史博物館に行った時に買ってきたものです(中は英語ではなく日本語版)
今の大英自然史博物館とロゴが違う…。


ところで大英自然史博物館と言えば、この何とも荘厳な中央ホールが有名だと思うのですが
大英.jpg
…残念ながら、この中央ホール見た覚えがありません…orz
と言うのも18年前は自然史博物館、大英博物館ともに丁度館内の改修工事をやっていた時期でして、本来のコース通りに見る事が出来ない配置になっており。

加えて当時はネット環境も十分ではなく(まだ当時はプロバイダ従量制だったしね…[たらーっ(汗)])イギリスの情報は日本で買ったガイドブックだより。
とにかく現地に着ければいいや、ということで自然史博物館の入口が2カ所(当時)もあることに全く気付かず、中央ホールとは真逆の入口から入ってしまい、その上館内は改修中。
中央ホールに辿り着く事無く他の展示スペースを廻って、ショップでは鳥類図鑑を沢山購入し大満足して帰って来たという…[たらーっ(汗)](当時の私の莫迦バカ…つД`)・゚゚・*:.。)

体力さえあればもう一度イギリス行って博物館と美術館巡りしたいところなんですけれどね…上野行って熱出している様じゃとても無理です。


大英自然史博物館展グッズに戻って。

会場限定のピンズバッジガチャ。
一番左は初日限定プレゼントの始祖鳥。真ん中と右はガチャで当てたもの。
大英グッズ3.jpg
プレゼント品と会場ガチャでは違うカラーになっているのですが、始祖鳥だけはそんなに違いがないような…(;´∀`)
ピンズバッジは全部で8種類
ドードーだけは絶対欲しかったので2回目ですんなり出た時は嬉しかったですが、出来ればタコも欲しかったなぁ(混んでいたので2回ガチャるのが精一杯でした。リベンジ2回目に行った時には狙ってきます)


ポストカードと会場限定カラーの始祖鳥キーチェーンマスコット。九谷焼の豆皿。
大英グッズ4.jpg
桜色カラーの始祖鳥は会場内ショップでしか買えません。マスコット付きの前売り券を購入した人には結構リアルなカラーリングのしそ君が貰えた様ですが、個人的にはこっちのカラーでキーチェーン作って貰いたかった。
日本館地下のミュージアムショップではブルーのしそ君キーチェーンマスコットが販売されていました。
豆皿は飾り用の台もきちんと付いてきましたが、多分実用品として使うと思う(;´Д`)
ポストカードはオーデュボンのは会場オリジナルですが、真四角のドードーデザインの方は本場の自然史博物館で販売されているものの様です。


あとはキーホルダーとか。
大英グッズ5.jpg
右側のステンドグラス調キーホルダーはゴールドとシルバーカラーがありますが、見た時はシルバーしかなかったので(レジ並んでいる時に補充されていたようですが)
左側のアクリルキーホルダーは23種類もあってどれにしようか悩んだのですが、何かドードー選んでいました(オーデュボンのショウジョウトキにしようかと思っていたのですが、トキのくちばしが欠けた様に見えるアングルだったので)


他にも幾つか気になっていたグッズあったんですが、物販ブースも相当混雑していたのでこちらも品切れない内にリベンジ予定で[たらーっ(汗)]




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: