So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年も折り返し!夏越の祓で氷川神社へ [ちょこっとうろちょろ]

早いもので今日は6月最後の日。
ちょうど1年も半分終わって折り返し、と言う事で各地の神社では大きな茅の輪をくぐって半年分の厄災や汚れを祓う「夏越の祓」が行われる日です。

毎年行こうと思いつつも、6月30日が平日にかかってしまうと「仕事帰りにちょっと寄道して詣でる」というのもなかなか億劫で行けずじまいだったのですが、今年の6月は珍しく残業続きだったので最終日位はフレックスで早く帰って寄ってみようかと。

実は今年初めに資格試験の御礼詣でに行った関係で、湯島天満宮から「夏越大祓のご案内」が届いていたので最初は湯島天満宮に行くつもりだったのです。
でも湯島天満宮方面は帰宅方向とは逆方向。どうせ行くなら帰宅方向にある神社が良いのだけど。
帰宅方向で「夏越の祓」を執り行っていそうな神社は浦和の「調神社(つきじんじゃ)」か大宮の「氷川神社」しか思い浮かばなかったのですが、調神社は初詣でお参りしていたので久しぶりに氷川神社へ詣でる事にしました。


「武蔵一宮氷川神社」は初詣ランキングで毎年10位以内に入る程有名な神社ですが、実はお参りしたのは数える程度くらいしかありません[あせあせ(飛び散る汗)]
駅から氷川神社までは大宮公園駅からも大宮駅からも15分程歩くのですが、何しろ相当振りなので道覚えているかどうか一抹の不安を抱きつつ大宮駅からスタート。
裏道を歩いて行くうちに近道も思い出し無事氷川参道に到着しました。ここの参道は大宮の1つ隣駅の「さいたま新都心駅」前から2km続く非常に長い参道ですが、今の時期は参道の欅並木がきれいです。
大宮駅から向かうと二の鳥居から入る事になるのですが、本殿はそこから更に800m先。
やがて三の鳥居が見えて来たのですが…


氷川1.jpg
…三の鳥居のすぐ先からめっちゃ並んでいる[exclamation×2]∑(゚Д゚|||)[あせあせ(飛び散る汗)]

今日は蒸し暑かったこともあり一瞬帰りたくなりましたが、折角来たんですから根性出して並ぶ事にしました。


氷川2.jpg
数人ずつのグループに分けられてくぐります。

一般的には「一礼して左足から茅の輪を左回り」「また一礼して右足から茅の輪を右回り」「また一礼して左足から茅の輪を左回り」
その際に「水無月(みなつき)の夏越(なごし)の祓(はらえ)する人は千歳(ちとせ)の命延ぶ(いのちのぶ)と言うなり」と唱えながら廻るそうですが、神社によって多少お作法が違う様です。
左→右→左とくぐる、と聞いていたので3回目に左に廻ってくぐろうとしたら警備員さんに「2回で良いんですよ」と言われてしまいました。
氷川神社では茅の輪の中央に人形の形代が下がっており、参拝者はその形代を触って左回りに1回、右回りに1回茅の輪をくぐる作法の様でしたが、形代を触って廻らずにそのまままっすぐくぐるだけの人もいました。

くぐった後は拝殿の横で人形の形代に自分の名前を書いて息を吹きかけ、半年分の穢れや厄を形代に移します。
形代は横にある箱にお賽銭と共に納め、神主さんに大幣で祓って頂き終了。
その後は拝殿にお参りしてきました。
氷川3.jpg
茅の輪くぐりには沢山の人が並んでいたのに、拝殿前は閑散としています。


折角お参りしたので御朱印を戴いて、この日だけ授与される茅の輪守りも戴いてきました。
氷川4.jpg



境内には「戦艦武蔵の碑」がありました。
武蔵.jpg
まだ建てられて間もない石碑みたい。
武蔵2.jpg


氷川全体図.jpg
武蔵一宮だけあり、境内には沢山の摂社末社があります。茅の輪くぐってお参りするだけで1時間近くかかってしまったので本殿だけお参りして帰途に着きました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む?


タグ:神社仏閣
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

特別展「古代ギリシャ」見てきました [博物館]

先週末の金曜は仕事を少し早めに切り上げて東京国立博物館で今月21日(火)から開催の「古代ギリシャ」展を見に行ってきました。

これも年間パスポート持っていなければ見に行ったかどうか判らない特別展だったのですが、見に行けば結構楽しめるのですよね。
今回の特別展で年6回まで見られる特別展用スタンプが埋まってしまうので、入場する際に「この古代ギリシャ展見ると『ほほえみの御仏』展はこのパスポートでは見られませんが大丈夫ですか?」と聞かれましたが、個人的に見るならやっぱりギリシャ展でしょ。
古代ギリシャ2.jpg
古代ギリシャ1.jpg


1時間早めに会社出て来たので、いつもは18時で閉まっているラウンジの休憩所(今回は鶴屋吉信でした)もまだ開いています。
いつも食べ損ねてちょっと残念なので、今回はまずしっかりと腹ごしらえ(あんみつ食べました)
今回はギリシャ展の後に本館の方も見ちゃうよ(`・ω・)[ダッシュ(走り出すさま)]

ラウンジの横には写真撮影コーナーもありました。
古代ギリシャ3.jpg
聖闘士星矢まで…ww
古代ギリシャ4.jpg
吹出しやアイテム用の手持ち看板があってこんな風に遊べるみたいですが一人で行くと、ね[たらーっ(汗)]

続きを読む?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鉄分を求めて「鉄道博物館」へ その3 [博物館]

まだまだ写真貼っていきます。

モハ484形式61電車「特急とき」内ディスプレイ
DSC00546.jpg
冷凍みかんとプラスチックのポリボトルに入ったお茶が旅行の定番アイテムだった記憶が。
チョコレートがさりげなくハイクラウンなのが泣かせます。ハイクラウン、また復活しないかなぁ。


クハ481形式26電車「特急ひばり」
てっぱく22クハ481.jpg


0系新幹線とはちょっと違うクハ481形式電車内の冷却給水機と洗面所。
DSC00547.jpg
DSC00548.jpg
当時は特急内で冷たい水が飲めると言うサービスが当たり前でしたが、今は衛生面での問題やペットボトルの普及でこのサービスも廃止されてしまいました。


続きを読む?


タグ:鉄道博物館
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鉄分を求めて「鉄道博物館」へ その2 [博物館]

写真を撮りまくって来たのでどんどん貼っていきます。


9850形マレー式機関車
てっぱく14.jpg
これは鉄道博物館の前身「交通博物館」でも特に記憶に残っていたカットモデルタイプです。
側面をカットして「マレー式」と呼ばれる複式蒸気機関の構造を見せています。
交通博物館の前身「鉄道博物館」として東京駅の高架下にあった時代(大正末期~昭和2年頃?)からカットされた状態で展示されていました(余談ですがカット工事を施したのは旧国鉄大宮工場だったそうです)

マレー式は高出力なので急勾配の路線で重連運転されていた当時のフィルムが放映されていました。
馬力はあったものの、構造が複雑でメンテナンスが困難だった事もあり、昭和8年(1933年)までに全て廃車されてしまいました。国内で残っているマレー式機関車はこの1台だけだそうです。


続きを読む?


タグ:鉄道博物館
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鉄分を求めて「鉄道博物館」へ その1 [博物館]

鉄道好きな方は多いですよね。
私も鉄道系は好きですが特に乗り鉄とか撮り鉄と言う訳ではなく、単に昔のものが好きなだけなので、古い車両を見て「懐かしいなー」とひたるのが好きな程度。
しかも外観よりも部分的なパーツとか内装系が大好き、と言うちょっと偏った好みだったりします。

先月末に京都鉄道博物館へ行ったのですが、車内まで見学可能な展示車両は殆ど無かったので見終わった後に何とも言えない物足りなさが残ってしまいました。

久しぶりに鉄道博物館に行ってみようかなぁ、と公式HPを見てみると、もうじき本館リニューアル&新館建設で見られなくなるコーナーや、ブルートレインの車内公開がある模様。
…行かねば[ぴかぴか(新しい)]

雉猫さんを誘ってみたら「行きます」との事だったので、昨日は1日鉄道博物館でマニアック鉄分wを補給してきました。
てっぱく1.jpg

続きを読む?


タグ:鉄道博物館
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生誕300年記念に関する若冲展の情報など [美術館]

今年は伊藤若冲が生誕して300年目と言う事であちこちで生誕記念の展覧会が開催されています。
先月末まで東京都美術館で開催されていた「生誕300年記念 若冲展」の前期は初日夕方に見に行ったので入場前に並ぶ事無く見る事が出来たのですが、後期はもう2時間以上待ちが当たり前だったので見る事が出来ませんでした。

今月25日からは京都の細見美術館で特別展「若冲−京に生きた画家−」が開催されますが、これは来月の連休時期を狙って1泊で見に行くつもりです(片道4時間以上はかかるので流石に日帰りで行くのは勿体ない[あせあせ(飛び散る汗)]

で、その他の若冲に関する特別展は、と言うと


2016年7月1日(金)~12月4日(日)
   生誕300年記念 若冲展」相国寺承天閣美術館:京都

 コロタイプによる複製画ですが、動植綵絵30幅が展示される様です。
来月京都に行くつもりなのでこれも併せて見に行きたいのですが時間的に行けるか厳しい…。

2016年9月5日(月)~12月18日(日)
   生誕300年記念 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち」岡田美術館:箱根
 
東京都美術館で展示された83年ぶりに見つかった「孔雀鳳凰図」を中心に、岡田美術館が所有する若冲作品7点全てを展示。


2016年10月4日(火)~12月4日(日)
   伊藤若冲生誕300年記念展覧会 「若冲の京都 KYOTOの若冲」」京都市立美術館

 出展数、作品など詳細はまだ不明な模様。


2016年12月13日(火)~2017年1月15日(日)
   特集陳列 生誕300年 伊藤若冲」京都国立博物館

 京都国立博物館が所有する《墨竹図》や《筍図》《蟹図》などを25件程度を展示予定。他の300年記念では展示されない作品を中心に展示、とありましたが、出展予定作品を見ると幾つか東京都美術館で出展されていた作品もあるようです。



…箱根はまだ良いとして、京都開催ばかり[たらーっ(汗)]
やはり京都生まれの画家と言う事で地元開催、と言う事なのでしょうか。開催時期はバラバラなのでまとめて見る、と言う訳にもいきません。
京都国立博物館か京都市立美術館で開催されるどちらかは何とか見に行きたいと思っていますが、どちらを見に行くのが良いのか。
規模的には京都市立美術館の方がやや大きいみたいですが…。
(あと7月10日まで東京国立博物館・平成館企画展示室で『玄圃瑤華』1帖が展示される様です。「古代ギリシャ展」と併せて見に行こうかと)


そして今年3回も京都に行くとなれば親にも流石に何か言われそうなので、どうやって説得するか…w
来月行くつもりなのも実はまだ話しておりません(苦笑)  「若冲展見に行く」と言えば母はあっさり許してくれるでしょうが、芸術的な物に興味無い父がなぁ…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

六本木で「ポンペイの壁画展」 [美術館]

昨日は仕事帰りに六本木・森アーツセンターギャラリーで開催されている「ポンペイの壁画展」を見に行ってきました。
明日で最終日を迎える「広重ビビッド」の後期とどちらを見ようか悩んだのですが、広重は前期は見たし、ポンペイは今週見ておかないと見に来れるか判らない状態だったので。

ポンペイ1.jpg
荷物持っていたのでスマホ上手く構えられずピンボけた…(;´∀`)

入口のところで「60分待ち」という案内板が見えたので、そんなに混んでいるのか、と一瞬焦りましたが、そっちは隣のスカイギャラリーで開催されている「セーラームーン展」併設の「ちびうさカフェ」の並びで、ポンペイの方は空いておりました。


続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

京都旅行3日目【建勲神社&下鴨神社&京都タワー】 [旅行]

龍安寺の後は仁和寺に行こうかと思っていたのですが、どうしても下鴨神社内のさるやで申餅が食べたくなったので、仁和寺方向は諦めて下鴨方面へ向かいました。
時間があったら仁和寺→下鴨神社でも良かったのですが、京都駅でお土産も物色したかったのでその時間を考えたらちょっと厳しい[たらーっ(汗)]

とは言え下鴨神社で参拝&さるやでは時間が少し余りそうなので、バス途中下車して建勲神社へお参りする事にしました。
京都3-31.jpg


地元の人には「けんくんさん」と呼ばれているそうですが、正式には「たけいさおじんじゃ」と呼びます。
主祭神は織田信長。そして公開はされていませんが重要文化財の打刀「義元左文字(宗左左文字)」が奉納されています。
バス停「建勲神社前」で降りたのですが、道がよく判らず一瞬悩む。
そしてようやく辿り着いた建勲神社の鳥居をくぐるとそこにはトンでもなく急な石段が……[あせあせ(飛び散る汗)]
120段あるそうです。勾配も割と急なので健脚な人ではないと登り切るのが相当厳しい感じ。
最終日も少し蒸し暑い感じだったので、本殿に辿り着くまで私も結構息が切れたのですが、雉猫さんは息が上がって死にそうになっておりました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
後で判ったのですが、1つ前の「船岡山」バス停で降りて、今宮神社の鳥居を背にして船岡山公園方向に向かった方がやや歩くのですが勾配が緩い&石段も50段らしいので楽なルートだったようです。


今度は「船岡山」バス停から乗って下鴨神社へ。
京都3-32.jpg
ここは何度か来た事がある神社なのでお参りだけさくっと済ませて、念願のさるやで申餅と梅ドリンクを頼みました。
旅行最終日なのでお持ち帰り用の申餅も買っちゃうよーー[るんるん]
いつもは旅行の中日とかに来る事が多いので、賞味期限短いこのお餅は持って帰る事が出来なかったのです。


その後はバスと電車を乗り継いで京都駅…の前に京都タワーへ。
旅行のオプションで1コイン(500円)で「京都鉄道博物館入館券」と「市バス1日乗車券」「市電カフェ500円分チケット」「京都タワー入場券」のセットを買っていたのですが、まだ京都タワーが残っていたのでした。
最終日は残念ながらちょっと曇り気味で時々小雨もパラ付く天気でしたが、思ったよりも遠くまで見えたかも。
京都3-33.jpg
京都3-34.jpg
京都で京都タワーなんて相当ベタな旅行だな、と思ったのですが、実は私も雉猫さんも京都タワー初だったので、結構楽しめました。


そして何度も行っている割には最後にはまた時間がギリギリになるまでわたわたとお土産や新幹線の中で食べる夕飯とか色々買い物して帰途に着いたのでした。


で、帰って来てから買い損ねたものや行き損ねた場所を思い出して若干消化不良気味。なのでまた近いうちに京都に行こうかな、と真面目に考えていたりします。
今月の25日から細見美術館で若冲展も始まるし、雉猫さんと一緒では絶対行けないであろう場所(水族館&京都国立博物館)にも行きたいので1泊して来月にでも行って来ようかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都旅行3日目【龍安寺】 [旅行]

北野天満宮の次は龍安寺に向かいました。
ここは石庭で有名なところですが、バスで行く場合は市バスの59番系統以外からは少し歩く事になります。
金閣寺からきぬかけの道を歩いて龍安寺に行く人も結構いた様ですが、最終日で足が少し疲れていたし、行くのも初めての場所だったので無難にバスを乗り継いで59番系統で龍安寺前で下車。
龍安寺は思っていたよりもずっと広いお寺でした。

拝観券を購入して境内に入るとすぐに鏡容池(別名:おしどり池)
京都3-24.jpg
行った時は睡蓮が咲き始めていました。満開には少し早めだったかも。


石庭
京都3-25.jpg
スマホでは広角撮れないので全体撮るのが厳しい[あせあせ(飛び散る汗)]
少し引いて撮影したかったのですが、縁台にずらっと座っていた海外からの旅行客の方々が写り込んでしまうので断念しました。


石庭には合計15個の石が配置されていますが、何処から見ても14個しか見えない様に作られています。
方丈内から見ると15個全ての石を見る事が出来る場所もあるようですが、方丈内は直接は立ち入り出来ないので見えるのは何処から見ても14個。

以前東京国立博物館の特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美-」で龍安寺の石庭の四季の移り変わりを撮影した映像コーナーを見て、そのうち本物の石庭も見たいなぁ、と思っていたのですが、2年半経ってようやく見る事が出来ました。

…でも気になった事が1つ。
石庭中心に植えられている枝垂れ桜、何か立ち枯れてしまっていない??
5月も終わりになってまだ葉っぱが出ていないと言う事は無いですよね。
いつか枝垂れ桜が咲いた頃にもう一度見に来たいと思ったんですが、写真で何度も見た見事な枝垂れ桜は見る事が出来ないのでしょうか[たらーっ(汗)]


石庭の横にはこんな感じの小さな庭も。
京都3-26.jpg


日本最古の侘助椿
京都3-30.jpg


石段から見上げた庫裏
京都3-27.jpg
ここも青もみじが見事でした。いつか紅葉の時期にも来てみたいものです。
石段の横にある竹垣は「龍安寺垣」と呼ばれているそう。


庭園には面白い形に剪定された杉(?)が沢山植えられていました。主幹を切っているので横から伸びた枝を細い幹になるように仕立てています。
京都3-28.jpg


お昼は庭園内にあった精進料理屋「西源院」で「七くさ湯豆腐」を戴きました。
ここから見える庭も綺麗でした。
京都3-29.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都旅行3日目【北野天満宮】その2 [旅行]

御土居の青もみじを楽しんだ後は宝物殿へ…。

の前に境内に出張販売に来ていた長五郎餅を戴きました。
柔らかいお餅に上品な甘さのこし餡が包まれています。欲を言えば粒餡のが好きなのですが、これはこれで美味しい[るんるん]
朝ご飯食べてそれほど時間も経っていなかったので、雉猫さんは普段少食気味な私に気を遣って2個セットの長五郎餅を2人で分けて食べようかと考えてくれていた様ですが…ふっふっふ、私は餅菓子系だけは別腹なのですよw
小さめのお餅だったので2個くらいぺろっといけちゃいました。


宝物殿では特別公開の宝刀40振が展示されていました。入場料は史跡「御土居の青もみじ」込みなので半券を出して入ります。
入口に「写真撮影禁止」の看板が出ていたのでスマホをしまおうと思ったら係の人が
「えーっと、宝物殿内のスマホでの撮影は大丈夫ですので」

えっ[exclamation&question] 何?その太っ腹サービス[exclamation×2][あせあせ(飛び散る汗)]
何故かスマホや携帯では撮影OKみたいでした(コンデジや一眼レフはダメらしい)


入るといきなり鬼切丸(髭切)が展示
京都3-17.jpg
京都3-15.jpg
拵えは無く、刀剣と(おそらく北野天満宮に奉納された際の)箱が展示されていました。


説明用のパネルと北野天満宮が所有する伝来記
京都3-18.jpg
京都3-16.jpg

ここでは「鬼切丸」になっていましたが、Wikiによると北野天満宮所有の太刀は「鬼切安綱」になっています。
伝来記には「国宝:鬼切丸」と記載されているようですが、実際は重要文化財。
今年の1月には東京国立博物館で「童子切安綱」も見た事あるのですがそれは国宝。
その他にも兵庫県の多田神社にも「鬼切丸」という神刀が伝わっている様です。


脇差 銘:猫丸
京都3-19.jpg
道真公の守刀との伝説もある脇差。
猫丸の名前の由来は、道真公がこの刀を立てかけておいたところ走って来た猫がぶつかり真っ二つになってしまったという事から、だそうですが、実際は道真公の時代よりもずっと後の時代に鍛刀されたものとか。


太刀 銘:恒次【重要文化財】
京都3-20.jpg
京都3-21.jpg


宝物殿内には宝刀だけではなく、大きな絵馬なども展示されていました。
京都3-22.jpg
京都3-23.jpg


ふと横を見ると雉猫さんがそれは嬉しそうに刀剣の写真をタブレット端末カメラで激写しまくっておりました。
…今年の1月に東京国立博物館で刀剣展示見た時は
「…私、刃物はちょっと怖いんです[あせあせ(飛び散る汗)]
ってまともに刀身見れなかったのに…某刀剣育成ゲームにハマってから凄い変わり様だ…[たらーっ(汗)]


個人的には刀剣は美術品として刃紋や拵え見るのは好きなのですが、某ゲームからの昨今の刀剣ブームがなんか凄過ぎてちょっと複雑な気分だったりします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行