So-net無料ブログ作成

赤坂迎賓館を見学に(+その後起こった災難色々;) [美術館]

この週末は久しぶりに何処にも遊びに行かず2日間ゆっくり静養しておりました[たらーっ(汗)]
出来れば映画くらい見に行こうかと考えていたのですが、昨日定期通院で行った病院で先週末に高熱出した事を伝えたら急遽血液検査が入ってしまい、検査結果がまだ悪かった事(CRP<炎症がある時に悪くなる項目>が高かった)と、検査でやたら時間がかかってしまい疲れてしまったので映画断念[たらーっ(汗)]
部屋の掃除も延期して土日2日間ひたすら寝ておりました[たらーっ(汗)]


さて、先々週末の土曜日の話(8/20)になりますが、雉猫さんと赤坂迎賓館の本館を見学してきました。
事前に観覧予約を申し込んでいたのですが、何か夏休み期間中の特別企画とやらで「予約取らなくても観覧可能」という何の為に予約取ったのか判らない状況で見る事に。
(赤坂迎賓館は引き続き9/8~10/4まで予約不要で見学可能です)
迎賓館1.jpg
見学者が続々と迎賓館へ続きます。

正門は出口専門になっていました。見学希望者はこの正門から右方向へ進み、西門から入場する事になります。
迎賓館2.jpg
結局事前予約を取っていても一般見学希望者と一緒に列に並ぶ事になったので、ホントに何の為の事前予約やら[たらーっ(汗)]
和風別館の事前見学予約を取っていた人だけは別列で入場案内していましたが。


中に入る前にまず手荷物検査があります。職員が手荷物の中を確認する列と、空港にあるようなX線透過装置に手荷物を通す列と二手に別れていました(後者の方が列の進み早かったです)。
飲み物を持っている人はここで一口中身を飲む様に指示がある様です。飲み物は持って行かなかったのでそのまま金属探知機ゲートをくぐって検査完了。
荷物を受け取って入場券を購入し、本館裏手側の入口から入ります。ここから先の館内は全て撮影厳禁(外観と庭は撮影OK)



国宝「赤坂迎賓館」は明治42年(1909)に片山東熊により ”紀州徳川家の江戸中屋敷”があった広大な敷地の一部に、東宮御所として建設されたものです。
迎賓館4.jpg
写真撮り損ねましたが、東側の門や外塀は紀州徳川家時代だった頃のものが残されていました。


東宮御所と言う事で東熊氏は相当あちこち張り切って作ってしまったらしく、当初250万円(現在の価値で250億円以上?)だった建築予算は最終的に500万円を越えてしまい明治天皇に叱責されたとか。
しかもこれだけの建築費用をかけて造られたにも拘らず、最先端のセントラルヒーティングシステムは故障続き。湿度の高い日本でヨーロッパの宮殿を模して造られた石造りの御所は夏暑く冬寒い、と居住性の悪さもあり、一度も東宮御所としては使用されなかったそうです。


昨年までは年1回だけ10日間だけ抽選公開されていた迎賓館。今年からは通年公開と言う事で今までなかなか見る機会が無かった館内を気軽に見学出来る様になりました。
館内見学コースは「彩鸞の間」→「花鳥の間」→「羽衣の間」→「中央階段&中央ホール」→「朝日の間」の順番。
その中でも私が一番見たかったのは「花鳥の間

ここは濤川惣助(原画は渡辺省亭)による無線七宝の花鳥画が30面、シオジ材の腰壁を彩っているのです。
明治時代の超絶技巧、実際にこの目で見られる日が来るとは….。゚+.(・∀・)゚+.゚

もちろんそれ以外の室内も非常に素晴らしかったのですが、この花鳥の間だけが板壁で一番落ち着いた造りになっており、花鳥の間だけを延々と見学していたい気分になりました。


一通り館内の見学も終わり、外に出て主庭(本館裏側)と前庭(本館正面側)も見学。
事前予約無し見学者で人が多く、写真撮ろうとするとどうやっても人が入ってしまいます(;´∀`)
迎賓館3.jpg


本館主庭の噴水にはグリフォンらしき銅像が4体。
迎賓館5.jpg

本館前庭から1枚(中央でタブレット端末で撮影しているのは雉猫さん)
迎賓館6.jpg

正門前から本館までは結構な距離があります。
迎賓館7.jpg

立派な正門。出る時はこの門の横から出るんですが。
迎賓館8.jpg


さて、この後近くのお店でお昼を食べ、その後何処かに行こうか?と言う話になり「先日行った百段階段を見に行く?」と目黒雅叙園に向かう事にしたのですが、そもそもこれが間違いの元だったと言うか…。
(この後の話はお出掛けとは全く関係のない長い四方山話になりますので読まなくて大丈夫です[たらーっ(汗)]





にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ

暇だし読むか


タグ:レトロ建築
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

まさに昭和の竜宮城!!「和のあかり×百段階段」@目黒雅叙園 その3 [美術館]

外は台風9号の影響で物凄い雨です。
紆余曲折あって土曜の夜から昨日まで38度越えの高熱出し、今日もまだ回復し切っていないので休みを取ったのですが、却って良かった…のかな??[たらーっ(汗)]
(紆余曲折の経緯については次の記事にでも)
星光の間.jpg
小さな明かりに癒された後はまた階段登って次の間を目指します。


6番目の部屋「清方の間」
清方の間1.jpg
ようやく知った画家の名前が出てきました。


部屋に入ると見事な網代造りの天井と鏑木清方による絵が。
清方の間2.jpg


この部屋では「石見神楽」の展示が行われていました。
清方の間3.jpg
石見神楽「大蛇(おろち)」



写真多いので記事たたみます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

まさに昭和の竜宮城!!「和のあかり×百段階段」@目黒雅叙園 その2 [美術館]

百段階段は昭和10年に建設された雅叙園内で一番古い施設です。
その他の施設は全てバブル絶頂期の1991年に新しく建て直されてしまい、木造建築で残っているのは旧3号館の百段階段だけ。
そう言えば目黒雅叙園って子供の頃は宿泊施設とか結婚式場のイメージがありました。
それにしてはこの百段階段にある部屋、宿泊施設にも結婚式場にも見えないけど?と謎だったのですが、元は料理などを出すお座敷などだったようです。

階段の天井部分にまで天井画(橋本静水 筆)
百段-橋本静水.jpg


窓枠もとにかくレトロです。左側の棚(?)のようなところには電話機でもかかっていたのでしょうか。
百段-窓.jpg


そしてここにも謎の猫イラストパネル。
百段-階段猫.jpg
この猫パネル、実はこの後の部屋の展示に関係していたのでした。




写真多いので記事たたみます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

まさに昭和の竜宮城!!「和のあかり×百段階段」@目黒雅叙園 その1 [美術館]

ピーターラビット展を見終わったら既に12時半過ぎ。
何処かでランチにしようかと思ったのですが、一人でテキトーに入れそうなとこは何処も行列しているのでこの後行く目黒駅周辺で食べる事にしました。

で、目黒方面へ移動する前に渋谷駅東急地下のリカーショップさんで「獺祭 磨き三割九分 スパークリング」見つけて思わず購入…(;´∀`)
…いや、荷物になるから悩んだんだけど、定価ですぐに獺祭買える事なんてそうそう無いし[たらーっ(汗)]

目黒駅に到着しましたがランチ、当てにしていたアトレ1、2がどちらも閉まっていてテキトーに食べるところがなく、何年か振りに入ったマクドナルドで軽く済ませました[たらーっ(汗)]
(ドトールもあったのでそっちに入ろうとしたのですが、ポケGOジム目当てで入ったとか言えない…。そしてGPS不具合でどうやってもちょっと離れた位置に居る事になっており、結局ジム戦出来なかったとかもっと言えない…orz)


目黒駅西口から行人坂を下った先に次の目的地「目黒雅叙園」があります。
雅叙園.jpg
ここで8/28まで開催している「和のあかり×百段階段」を見にきたのでした。
何しろ有形文化財になっている百段階段、普段は雅叙園に宿泊するか、見学ツアーにでも参加しないと見る事が出来ないし、大っぴらに写真撮れるのはこの「和のあかり」展だけだそうなので。


入口にドアマンの方が立っていて開けてくれるのですが、こっちは宿泊客でもないので微妙に恐れ入る小市民(;´∀`)

中に入るとまず無数の金魚提灯が目に飛び込んできました。
百段1.jpg
先日行ったすみだ水族館とのコラボ企画水槽展示があります。

入場料を払って金魚提灯アーチから中へ
百段2.jpg

横にちょこっと置かれていた猫イラストパネルが気になりました。
百段3.jpg
この猫イラストの謎はのちのち判るとして。



写真多いので記事たたみます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展 [美術館]

昨日出かけようかな、とも思ったのですが、日曜日だと若干混んでいるんじゃないかと考えて今日出かけることにしました(結局今日でもそれなりには混んでいましたが)

まず渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ピーターラビット展
ピーター1.jpg
ピーター2.jpg


10時の開館時間に併せて出かけたのですが、電車が遅れたため開館時間をちょっと過ぎて到着。
会場内は既に人で混み合っています…orz

会場内に展示されているのはほぼピーターラビットシリーズの絵本の原画。
実際にビアトリクスが飼っていたペットのピーターパイパーのデッサンや家庭教師の息子5歳のノエル宛に送った4匹の子ウサギの絵手紙から始まり、出版社から発売される前に自費出版された私家版のピーターラビットの挿絵原画全て(私家版の挿絵はカラーではなくモノクロ)
ピーター5.jpg
ピーター7.jpg
ピーター6.jpg


1902年「挿絵を全てカラーにするなら」を条件にフレデリック・ウォーン社から発売されたピーターラビットは大人気を博し、その後シリーズ化されます。
展覧会では各シリーズごとの挿絵原画と簡単なストーリー紹介が展示されていました。
ピーター8.jpg

後半はビアトリクスのナショナルトラストでの活動や、ビアトリクスが所有していた人形(絵本の中でも登場する人形のモデル)、愛用していた机などが展示されています。
(ディーン・フジオカ氏がビアトリクスが住んでいた湖水地方のソーリー村を紹介する映像コーナーなども)


ちょっと面白かったのは2007年頃に発見され当時話題になったらしい日本での初訳版ピーターラビットの本などの紹介コーナー。

その日本での初訳本が発見されるまでは、海外で翻訳されて発売されたピーターラビットは1912年に発売されたオランダ語版が初、とされていたそうなのですが、この日本語訳ピーターラビットはオランダよりも6年も早い1906年(明治39年)に発表されています。

当時のタイトルは「惡戯(いたづら)な小兎」 作者は読売記者の松川二郎
掲載されていた雑誌が『日本農業雑誌』第2巻第3号<1906年11月5日発行>の 田園文学コーナー、という事で既に色々とツッコミを入れたくなるのですが
エロプシー.jpg

子ウサギの名前がエロプシーとペター[exclamation&amp;question]Σ(・ω・;|||
(現代訳では Flopsy=フロプシー となっています。FをEと見間違えたんだかどうだか[たらーっ(汗)]



その他にも「ピータロー兎」と言う子供向け冊子(幼年の友 1915年第2号)でも
「昔アルトコロニ、太郎 二郎 三郎 ピータ郎トイフ 四ヒキノ兎ガ、砂山ノ大キナ 松ノ木ノネモトニ オ母サント イッショニ 住ンデヰマシタ。」


…いや、そこはピータ郎じゃなくて四郎だろ!!


公式図録を買おうか悩んだのですが、何故かこのピータロー兎とエロプシー&ペター訳の書籍は掲載されていなかったので買いませんでした(苦笑)
図録にしてはだいぶ小さめで置き場所には困らなさそうだし、装丁も相当可愛かったのですが、10年以上前に購入した書籍の方がいろいろ詳しく載っているのでいらないかな、と思ったのもあるんですが。


会場限定のピーターのぬいぐるみも大分買おうか悩んだのですが、ピーターラビットシリーズのぬいぐるみではこれを越えたものはない!と信じているR.John.Wrightのピーター3姉妹うさぎを持っているのでこっちも買わずに終わりました。


2時間程かかって見終わり外に出ると、見ている間に雨降っていたらしく地面が濡れていましたが、既に雨は止んで日が差して蒸し蒸ししていました。

会場外のパティオで展示されていたミニガーデン
ピーター3.jpg

ちゃんとピーターの服が飾られていました(笑)
ピーター4.jpg




にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

目にも涼を【アートアクアリウム2016@日本橋】その2 [水族館]

盆休み3日目です。
が、今日も何処にも出かけず絶賛ゴロゴロ中…_( ┐ノε:)ノ
そろそろ体調もだいぶ良くなったので、明日か明後日辺りに目黒雅叙園で開催されている「和のあかり×百段階段」でも見に行こうかと思っていますが。


アートアクアリウムのメイン水槽に収まる事の多いのは「大奥(写真下の水槽)」や「花魁」という巨大水槽ですが
アート17_花魁.jpg


今年はアートアクアリウム10周年と言う事で登場した「超・花魁」水槽
アート18_超花魁.jpg

綺麗と言えば綺麗なのでしょうが、えげつない位に金魚が入っています。
この水槽だけで約3000匹だそうですが、魅せる為とは言え流石に過密すぎな気が[あせあせ(飛び散る汗)]


過密と言えば、平日夜でも結構な過密状態の会場。
アート19_会場.jpg
アート23_会場.jpg

今年はお盆中だったから混んでいたのかもしれませんが、去年は金曜夜(7/31)に行ってこの程度。
494546172.100.jpg

一昨年は土曜の朝一に行ってみたのですが、その時点で入場まで1時間待ちだったので諦めて帰ってきた事があります。
入場するのに並ばないだけまだマシなのかな。



写真多いので記事たたみます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

目にも涼を【アートアクアリウム2016@日本橋】その1 [水族館]

昨日から1週間の盆休みに入りました。
…が、休み入った途端に熱出して寝込む始末[たらーっ(汗)]
あちこち廻っていた厄除け&パワースポット運が尽きて来たのか、暑さが応えたのか[あせあせ(飛び散る汗)]
昨日は食べる事も出来ずに1日布団の上でぐったりしていました…_(:3 」∠)_

ネジ止まる前はまだ遊び回る体力あったので、一昨日の仕事帰りは日本橋三井ホールで開催されているアートアクアリウム2016を見てきました。
アート.jpg


アートアクアリウムはここ数年見に来ているんですが、毎年見るごとに「もう来年は良いかな」と思うのに結局来てしまうパターンになっております。
アート0_入口.jpg


写真多いので記事たたみます。


にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

目玉展示はホホジロザメ!「海のハンター展」見てきました【その2】 [博物館]

今日は少しだけ暑さも収まって、昨日よりは過ごしやすいかも。
今週は水曜日まで頑張って仕事すれば11日から1週間の盆休みとなります。キリの良いところまで仕事を終わらせてから休みに入りたいところですが、さてどうなるやら。


浅海に生息するサメ
ハンター24.jpg
中央のシロワニは先日行ったすみだ水族館の東京大水槽でも飼育されていますが、実物はここまで白っぽくありません。
剥製にすると色素が抜けてしまうのでしょうか。


写真が多いので記事折り畳みます。
深海魚などちょっとエグめの写真もあるので苦手な方は閲覧注意!



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



続きを読む?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

目玉展示はホホジロザメ!「海のハンター展」見てきました【その1】 [博物館]

今日は全国的にこの夏一番の暑さになった様です。
夏は好きだけど暑さはすこぶる苦手なので、今日はエアコン効かせた部屋で1日ぐだぐだしておりましたが、昨日は仕事帰りに上野の国立科学博物館(かはく)で開催中の「海のハンター展」を見てきました。


上野に着くと、先日世界文化遺産に登録決定された国立西洋美術館の前に沢山の人たちがたむろしていました。
ここの美術館の前に「ポケモンGO」のポケスポットが密集しており、レアポケモンが出現しやすいルアーモジュールアイテムが使われていたので人が集まっていた様です。
私も思わず立ち止まってつい15分程ポケGOを…(;´∀`)[たらーっ(汗)]
地元では絶対見掛けないレアなポケモンが次々に出現するのは魅力なのですが、夕方になっても暑いし、何より今日の目的は「海のハンター展」なのでキリの良いところで「かはく」へ移動[あせあせ(飛び散る汗)]


リピーターズパスが期限切れていたので、新しくパスを購入してから特別展会場へ。
リピーターズパスは1年間1030円で常設展は何度入っても無料。特別展は常設展代を差し引いた金額(※)で入れるお得なパスです。ここ数年かはくの特別展はかかさず見ているのでこのパスは必需品。
 (※)今回の海のハンター展は一般1600円ですが、パスを見せると常設展620円を引いた差額分の980円で見る事が出来ます。


今回の目玉展示は体長3.2mのホホジロザメの液浸標本らしいので期待していざ会場へ。
ハンター1.jpg



写真が多いので記事折り畳みます。
深海魚などちょっとエグめの写真もあるので苦手な方は閲覧注意!



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

熱と地図と迷子と [その他]

昨日は午後から出張(セミナー受講)だったのですが、出張先が若干最寄り駅から離れているところでした。

そもそも初めての場所に行く時はしっかり地図見て道を頭に記憶してから行くので、今回も事前にそこのHPで地図見て確認していたのですが、どうした訳か全く地図が頭に入っておらず迷って違う方向へ進む始末。
普段滅多にやらないこと(道で地図出して確認)までしてしまいました。

その後どうにか出張先に到着したのですが、いよいよ暑さで脳味噌が莫迦になってしまったんじゃないだろうか、と一抹の不安を覚えつつセミナー聞いていると、何だかいつまでも体がぽっぽと暑い。
しかも肩凝りと頭痛がやたら酷い[たらーっ(汗)] そこでようやく自分が熱出している事に気付きました。

持病があるので年に何度か熱出すのですが、ここんとこ比較的体調が安定していたので油断していました。
熱がある時はどういう訳か全く頭が働かず、仕事していてもポカミスする事なども多いのですが、今回は地図読めない、ということになっていたようです[あせあせ(飛び散る汗)]
(そしてHPに載っていた簡易的なイラストマップだけを見ていたのが良くなかった様です。イラストマップって相当アバウトにしか載っていないものも多いので、普段はグーグルマップなどできちんと確認しておくのですが)



こんな事は初めてだったので、一瞬真面目に脳に鬆でも入ったんじゃないかと焦りました。
地図が読めない様になると気軽にうろちょろ出来なくなりますので…[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

熱は今日1日休んでごろごろしていたらどうにか復活しました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感