So-net無料ブログ作成
検索選択

先週行き損ねた鷽替え神事→なので牛天神北野神社で木鷽をお迎え [ちょこっとうろちょろ]

夕方からの冷たい強風で外荒れまくっているのですが、今日の日中は東京の1月としては21年振りに19度超えになったそうで非常に暖かい1日でした。
場所によっては20度越えたところもあったようなのですが、1月に20度超えだと東京では48年振りなんだとか。
しかし明日はまたぐっと気温が下がって冷え込むそうです。早くも1月も明日で終わり。
初春近いとは言え、春は名のみの風の寒さや、ってところでしょうか。


1月も終わり近い25日になると亀戸天神社などで初天神に併せて鷽替え神事が執り行われます。
鷽替え神事というのは鷽(うそ)という鳥を象った木彫りの人形を「悪しき出来事を嘘(うそ)に替える」として新しい木鷽に交換するというものです。
西日本では鷽替えは木鷽を周囲の人たちと「替えましょう、替えましょう」の掛け声で回しながら交換しあっていくのが一般的な様ですが、関東では古い鷽を奉納して新しい物を授与して頂くのが一般的。
東京で有名なのは亀戸天神、湯島天神、五條天神社辺りですが、中でも当たりがある亀戸天神や上野の五條天神社の木鷽は特に大人気で、早朝早くから並ばないとすぐ品切れになってしまう程です。
(亀戸天神では鷽の謂れが書かれた紙に番号があり、当選すると金鷽が戴ける。五條天神社では謂れが書かれた紙に包まれており、頭の上の紙が金色だとその年は良い年になると言われている)

亀戸天神だけは24日、25日の両日鷽替え神事が行われますが、それ以外は25日のみ。
25日が土曜日にあたると早朝から鷽を求めて並んだり出来るのですが、今年は水曜日だったので会社員の私は最初から鷽替え神事は諦めておりましたし[exclamation](;´Д`)
(最後に行った鷽替え(五條天&湯島&亀戸の梯子[あせあせ(飛び散る汗)])は既に3年前さ…[たらーっ(汗)]



そんな訳で今年も行けなかった鷽替えなのですが、実は1月25日に限らず木鷽を授与して頂けるところもあるのです。
その1つが東京ドームシティアトラクションズ(旧後楽園遊園地)からほど近い場所にある牛天神北野神社

ここは正月三が日から木鷽の授与を開始するらしいのですが、結構遅めの時期まで授与可能みたいなので先日春日大社展を見に行った帰りにお参りして戴いてくる事にしたのでした。

牛天神の入口
牛天神1.jpg
牛天神2.jpg
行ったのは1月21日なのですが、早くも梅が咲き始めていました。
もう少し遅い時期に行けばちょうど梅祭りの時(2/1~2/15)に行けたんですけれどね。
牛天神6.jpg
ここは手水舎も梅の花を象ったものになっています。暗くなるとライトアップされるそうですよ。

階段を上がり切ったところに小さな拝殿があります。
牛天神3.jpg
牛天神9.jpg
ここでも枝垂れ梅が咲き始めていました。

牛天神由来.jpg
こぢんまりした神社なのですが、謂れを見ると830年以上の歴史がある神社の様です(元暦元年=1184年)


牛天神4.jpg
拝殿前には狛犬ならぬ狛牛が…w

牛天神5.jpg
そして拝殿前には牛天神を創設した源頼朝公が願を掛けたとされる撫で岩(牛石)があります。
口元(と言っても何処が口なのか判りにくいのですが)から撫でて願い事をすると2つだけ叶えてくれるんだそうです。
今年はあまり熱を出さない様に願って撫でてきました(;´∀`)


拝殿の前には狛牛だけではなく、ちゃんと狛犬もいます。
牛天神7.jpg
牛天神8.jpg
ここの狛犬は珍しいタイプの子供連れ(授乳中)なので、狛犬マニアに人気が高いんだとか。


で、向かって左側が戴いて来た牛天神北野神社の木鷽
鷽1.jpg
立派な木箱に入って初穂料1800円でした。

で、右側の鷽はまた別のところで授与して戴いた木鷽なのですが、それについては少し長くなるのでまた後日。



ブログランキング・にほんブログ村へ


タグ:神社仏閣
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先週行き損ねた美術展→なので先々週見て来たトーハクの常設展 [博物館]

先日は東京国立博物館で春日大社展を見た後に少しだけ常設展を見てきたのですが、2階の特別室まで足を伸ばさなかったので、あろうことか伊藤若冲の松梅群鶏図屏風を見損ねてしまいました(帰ってきてから気付きました…orz 既に公開は終わっていたと思ったら今日まで公開していたんですよね)

なので昨日は本当なら山種美術館で特別展「日本画の教科書 京都編」を見て、その後改めてトーハクの企画展で若冲を見てくるつもりだったのですが、…週末体調崩してまた見に行けなかった訳で[たらーっ(汗)]

山種美術館は来週末に出掛けてもギリギリ会期に間に合うのですが、若冲は今日までだったのでまたの機会に。トーハクの所蔵品なのでその内また出品されるでしょうし。


そんな訳で今週はお出掛けネタがなかったので、先日見て来た常設展の作品でも。
特別展が春日大社展ということで、鹿2点の木彫作品が展示されていました。

「牝牡鹿」森川杜園 作
常設1.jpg
常設1解説.jpg

「神鹿」竹内久一 作
常設2.jpg
こっちの作品は去年7月に常設展見た時にも展示されていた鹿さん。
上記鹿の木彫作品2点は4/16(日)までの展示だそうです。



少し写真多くなるので記事折り畳みます。



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む?


タグ:刀剣
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

春日大社展で買ってきたもの [博物館]

今回の春日大社展では無難に鹿グッズとか出してくるのかなぁ、と思っていたんですが、鹿グッズは思ったよりも少なめでした。
図録はちょっと悩んだのですが、凶器にでもなりそうなくらい大きい&厚くて重いので断念[たらーっ(汗)]
(しまうところがなくて困るので…)


鹿の代わりに販売されていたのは「金地螺鈿毛抜型太刀(きんじらでんけぬきがたたち)」の鞘部分に象嵌されている猫と雀をキャラ化したニャデン&チュンとその仲間達。


「金地螺鈿毛抜型太刀」は前期のメインとも言える展示品で、金沃懸地(きんいかけじ)の鞘には猫が竹林で雀を捕らえる様子が螺鈿細工で表されています。
金地螺鈿毛抜太刀.jpg
それにしても何と生き生きした猫の表現力。これが平安時代(12世紀)に造られたものというから更にビックリです。


ニャデン&チュンも可愛いけれど、ちょっとここまでゆるキャラ化されてしまうと年齢的に買い切れないなぁ[たらーっ(汗)]
せめて春日大社の国宝殿で販売されているグッズくらいのキャラクター化なら欲しかったんだけど、今回はめぼしいグッズ無しかな…。


と思っていたら私の趣味どストライク級のグッズが…[exclamation×2]
猫1.jpg
立派な桐箱に入っているのは




伝統工芸 奈良一刀彫の猫
猫3.jpg
一刀彫作家 土井志清氏の作品だそうです。
あ、この作家さんの作品、中川政七商店さんのサイトで見た事がある!


買って来てから気付いた(遅[たらーっ(汗)])のですが、金地螺鈿猫のデザインの一刀彫です。

あぁ、そう言えばデザインが5種類くらいあったっけ…。奈良繋がりと言う事で単純に奈良の伝統工芸品や特産品を販売していたのかと思いきや、ちゃんと特別展とコラボしたアイテムだったのね(;´∀`)
まさに太刀の鞘に描かれていた猫のデザインそのものでした。
金地螺鈿毛抜太刀2.jpg
猫2.jpg
猫4.jpg


後ろ姿も細かく彫ってあって可愛いw
猫5.jpg


木材は木肌の表面を鑿で削って仕上げると水を弾きやすくなるのだそうです。
西洋では曲面の多い木彫部分はサンドペーパーで削って仕上げるのが一般的なんだそうですが、日本では湿度が多いのでやすりで仕上げてしまうとすぐ木に水分吸われて腐ってしまう。
だから寺社仏閣などに使われる柱などの装飾部や木像などどんなに曲面が多くても鑿だけで削って仕上げるのだと。

一刀彫は宮大工や仏師の人たちが手遊びで造った玩具が元とされているそうです。
湿度の多い日本ならでは、で生まれた伝統工芸なんですね。
一刀彫は飛騨の一位一刀彫は持っていますが、この猫は檜で造られたものなのでイチイ製の一刀彫と比べると軽めです。
もう1種類別のデザインとどちらにしようか悩みまくって、一番躍動感のあるこの螺鈿猫くんにしてみました。
あと母に今年の干支の酉の一刀彫をお土産に。


もうちょいお値段がリーズナブルなら螺鈿猫、悩んだ方と2種類買いたかったんですが…(;´∀`)




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:刀剣
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

上野で春日大社に詣でるのだ!「春日大社 千年の至宝」展 [博物館]

いつもは遅くまで寝ている事が多い土曜日ですが、今週は東京国立博物館の開館時間に併せて早起きして上野へ。
予定通り「春日大社 千年の至宝」展を見に行ってきました。
春日1.jpg


冷たい雨混じりの昨日と比べたら天気も良いし、上野公園に着いたら1本だけだけど寒桜でプチ花見も出来たし、たまには明るい内に美術鑑賞も良いなぁ(*´ω`*)
寒桜スマホ.jpg
寒桜.jpg

…なんて考えながらトーハク前に行くと…うわわ[あせあせ(飛び散る汗)]既に博物館前に凄い人数が並んでいる[exclamation&question][あせあせ(飛び散る汗)]

よくよく見るとどうも特別展チケットを購入する為の列でした。
年間パスポート持っているのでそのまま並ぶ事無く入場したのですが、平成館前まで行くと…
春日入り口.jpg
やっぱり並んでるぅぅーー[exclamation×2][あせあせ(飛び散る汗)]

入場口が混雑するのを避けるため小分けに区切って入場させていたからで10分もしないで入場できましたが、主催のNHKがちょいちょい春日大社展の特番組んで番宣していたのが効いているらしく、いつもより混んでいる感じ。
荷物をロッカーにさっさと預けて会場に入るともう展示品前には人だかりが出来ていました。
春日2.jpg


春日大社は昨年秋に式年造替(しきねんぞうたい)と呼ばれる20年ごとに行われる社殿の大修築を終えたばかり。
しかも昨年の式年造替は第六十次。つまり60回目というキリの良い節目だった訳で。
第六十次式年造替を記念して、古神宝である「金地螺鈿毛抜形太刀」の復元が行われたり、社殿前を飾る瑠璃灯籠や狛犬が新調されたりしました。
今回の展覧会は今回の式年造替で撤下されたばかりの狛犬四対八軀が展示されたり、展覧会会場内に五十八次の式年造替で撤下された実際の御間塀(おあいべい)を使い、御本殿の第二殿を再現したり、と実際に春日大社へ詣でた気分になれる見どころ満載の展覧会です。


最初の展示は今回の見どころの1つ『神鹿』の美術をテーマにした展示なのですが、あれ?この神鹿像は以前もここで見た事がありますよ?
春日神鹿御正体.jpg
4年前の特別展「国宝 大神社展」で見たものでした。
この像だけでなく、他にも何点か大神社展で見た様な展示品がちらほらありました。


御本殿前を彩る瑠璃灯籠の展示も今回の式年造替で撤下されたもののようです。
瑠璃灯籠.jpg
火袋部分が小さな青い蜻蛉玉(ビーズ)で出来ていて「これ、火が灯ったらさぞかし綺麗なんだろうなぁ、見たいなぁ」と思っていたら、隣のスペースに再現されていたレプリカ御本殿第二殿でレプリカ瑠璃灯籠が灯っているのを見る事が出来ました
(今年の「ゆく年くる年」でも新調された瑠璃灯籠が灯っているのを放送していた模様。普段御本殿は非公開なので、映像でもレプリカでも見れると嬉しい)


今回の展覧会では中元万灯籠を再現したコーナーだけ撮影可能でした。
万灯籠1.jpg
万灯籠2.jpg
万灯籠3.jpg
雰囲気は出ているんでしょうが…。いつか本物の万灯籠を見に行ってみたいものです。


会場には「よくこんなのを運び入れたな!」と思う程大きな鼉太鼓(高さ6.5m!複製だけど実際の神祭で使用されているもの)の展示や、見事な細工の舎利厨子の数々。神楽で使用される面や装束など「これでもか!」と見応えのある展示品が沢山あって、朝一で入場した筈なのに気付いたらあっと言う間に12時。
2時間半近くもじっくり見ちゃったーー(;´Д`)[あせあせ(飛び散る汗)]
思っていたよりずいぶん楽しめた展覧会でした。

いつもは閉店して食べられないラウンジ内の鶴屋吉信であんトースト食べつつ、後期展示が始まったらもう1回土曜日にゆっくり見に来ても良いかなぁ、などと考え始めていたり。


そう言えば京都は何回も行ってるクセに、奈良には中学三年の修学旅行以来行った事がありません。
雉猫さんとの京都旅行で何度か「1日位は奈良方面に行きたい」と打診はしていたのですが、雉猫さんは行き先完全に人任せで「特に行きたい所ないので何処でも良いですよ」という割に、結局奈良方面には行きたがらないのでつい足が遠のいてしまっていた訳で。


でも…行きたきゃ1人で行ってくれば良いんですよね[exclamation]
4月にはまた京都に1泊2日で花見しに行くつもりでいたので、1日は奈良方面に足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

いちごのスイーツ [その他]

今週は仕事終わってから東京国立博物館で始まったばかりの「春日大社 千年の至宝」展に行く気満々だったのですが、行く予定の前日になって気付きました。

…2月まで冬期営業時間仕様で、金曜夜でも17時までしかやっていないやないの[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]
               _( ┐ノε:)ノ
春日大社展は明日改めて行く事にします。


傷心を癒すべく(苦笑)エキナカの特設店で買って来たスカイベリーのゼリー。
スカイベリー.jpg


普段イチゴはそれほど好んで食べません。
私が子供の頃はイチゴと言えば「ダナー」という酸味が強い品種がメインでした(年バレるな[たらーっ(汗)])
そのままでは酸っぱくて食べられないので、よく母がイチゴスプーンで潰して牛乳と砂糖を加えてイチゴミルクにしたり、コンデンスミルクをかけてくれたりしました。
それでもイチゴ部分がどうにも酸っぱくて未だにイチゴに苦手意識が…。


その内酸っぱくて小さめのダナーに代わって福羽(ふくば)イチゴという国産の大きめイチゴが出回る様になりましたがやはり甘味は微妙だった記憶が。
女峰(にょほう)が出回りだした頃は「イチゴもこんなに甘くなったのか」とちょっと感動したものです。


スカイベリーという品種はここ2~3年で見掛ける様になりましたが、一度も食べた事無かったので試しに買ってみました。
ちょっと良いお値段しましたが、流石はフルーツ専門店のスイーツ[exclamation×2] 一口食べると新鮮なイチゴの芳香、そしてすっきりした甘味と程よい酸味。果肉部分は柔らかくて非常に瑞々しい品種です。
ゼリー部分もイチゴの甘さをダメにしてしまわないよう非常に控えめな甘さ。
一足先に食べていた両親も「とっても美味しいイチゴだねぇ[exclamation×2]」と。


もう1種「初恋の香り」と言う品種の白いイチゴのゼリーも気になったのですが、そっちはスカイベリーゼリーよりも更に良いお値段していたのでちょっと×3人分思い切れませんでした(;´∀`)



ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ようやく届いた福袋(の一部) [favorite things]

今年に入ってから日曜日に必ず体調崩している気がします…[たらーっ(汗)]
年末年始や成人の日で連休中は良かったけれど、今週はアカン…_( ┐ノε:)ノ
熱だけなら朝一度熱が下がったのを自分で「大丈夫!」と誤摩化してどうにか仕事に出掛けるのですが、吐き気まで加わってしまうともう流石にアウトです[たらーっ(汗)]
諦めて今日は1日体力回復に努めていました(←と言っても薬服用してゴロゴロしているだけですが)
こういう状態が続くと「お腹にチャックがあったらなぁ」とつい莫迦な事を考えてしまいます。
…チャック開けて健康な消化器系とまるっと交換したいわ。


ごろごろ寝ている間に荷物が届いていました。
年末購入した京都デニムの福福。
京都デニム.jpg
年始開けの4日に福袋自体は届いていたのですが、福袋にセットされていた「京友禅柄入れ」のオプションをお願いする為に一旦返送していたのです。
柄入れだけでも結構なお値段するのでいつもは無地のままで買う事が多いのですが、今回はどの柄入れでもOKとの事だったので思い切って大柄の【枝垂桜】で。

【流水桜】も悩んだのですが、別柄の【流水桜】のを持っていたので(これも昨年ジーンズ本体がセールになっている時に購入したものですが)

次にもし柄入れすることがあれば多分【蛙】柄にすると思います(;´∀`)



ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スヌーピーミュージアムを見てきました [美術館]

2016年4月~2018年9月までの期間限定で六本木にオープンしたスヌーピーミュージアム
めちゃくちゃスヌーピーが好き[ハートたち(複数ハート)]、という程ではないのですが、期間限定というからには何れ一度は行ってみようと思っていました。

オープン当初は日時指定チケットを前もって購入しておかないと入館が難しいくらいの混雑っぷりだったので、空いている頃を見計らって行くか、と思いつつ早や9ヶ月経過。
流石に最近は土日でも当日券が普通に販売されているので、そろそろ行ってみようかと昨日仕事帰りに出掛けてきました。
4月9日までは第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー」が開催中です。
スヌ3.jpg



写真が少し多いので記事折り畳みます。



にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

姪っ子の成人式@櫻木神社 [ちょこっとうろちょろ]

今日は姪っ子の成人式。両親と一緒にお呼ばれしてきました。
ついこの間までランドセル背負っていたと思ったらもう二十歳とか。時が経つのは早いものです。

お寿司戴いてお祝いした後は妹一家と揃って櫻木神社(野田市)へお参りに。
ここは姪っ子が赤ちゃんの時から何かにつけお参りしている神社なのですが、実は私は行くのは初めて。
(御朱印で有名なところなのでいつかお参りしに行きたいとは思っていたのですが)
神社1.jpg

境内には大きな絵馬が飾ってありました。
神社2.jpg
櫻木神社は市内で一番歴史がある神社なのだそうですが、比較的近年に遷座したのか全体的に新しく綺麗な神社でした。
摂社や末社も沢山あるようでしたが、家族と行ったのであまりあちこち見て回れなかったのが残念[たらーっ(汗)](十月桜も咲いていたのに写真撮り損ねました)


私が御朱印を集めている事を知った妹&姪が「櫻木神社さんにお参りに行くから御朱印帳持って来ると良いよ」と電話で教えてくれたので御朱印帳を持参してお参りしたのですが、1月中は浄書はせず書き置きのみだそうです。


で、戴いて来た1月限定の御朱印
神社3.jpg
酉年限定御朱印は全部で3種類ありました(初穂料は各500円です)。
随分と手のかかった御朱印だなぁ、と帰ってきてまじまじ見たら日付以外は全部印刷だったので、軽くカルチャーショック[あせあせ(飛び散る汗)]
武蔵一宮氷川神社で御朱印戴いた時にも印章がシャチハ○スタンプだったのにカルチャーショックを受けたのですが、印刷による御朱印というのもあるんですねぇ…。


姪っ子だけでなく、姪っ子のワンコまでおめかしして晴れ着(笑)
成人式1.jpg
成人式2.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:神社仏閣
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに映画見てきました「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 [その他]

年末年始で7日休んで2日仕事。そしてまた3日休み。
結構休みが多いのに何故か休めている感が無いのは何ででしょ[たらーっ(汗)] この先しばらく連休ないので体調崩さない様に気をつけようと思います。

昨日は初詣の後に見損ねた映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を見てきました。
去年は1本も映画見ていないので映画見に行くのは一昨年の暮れぶりです。
…いや、見たい映画が無かった訳ではなくて。

私は洋画は字幕で見る派なのですが、ファミリー向けの洋画系って最近字幕版の配給少なくないですか[exclamation&question]
都心に出ないと字幕版やっていないとか、やっていても相当遅い時間帯でないと字幕版ないとか。
夏の一件以来、体調が全く安定していなかったので見に行きたくても体調が悪い or 体力が持たないとか、見に行きたい美術展と時期が被ってしまったりして体力的にどっちも見に行くの無理。ホントに見たい方を優先させる、とかで足が遠のいていた訳で。


「ファンタスティック・ビースト」も自宅近くの映画館は軒並み吹き替え版だったので、仕事帰りにレイトショーで字幕版を見てきました。
ハリーポッターシリーズの新作(?)と言う事で公開当初は話題になっていましたが、時代設定はポッターシリーズよりも大分前の話。そして舞台もイギリスではなくアメリカということで続編というよりはスピンオフ作品の様です。
(原作というか、元になっている本があるのですが、現在作者のJ.K.ローリングの意向により絶版扱いになっています。今年新版で再販売されるそうなのですが)

「ホグワーツ」「ダンブルドア」などポッターシリーズに関する単語はちらほら出るものの、前作に関する人物などが直接出てくる訳ではないので、ハリーポッターシリーズ見ていなくてもそれなりに楽しめる映画になっていると思います(←ポッター全作見たクセに結構設定忘れてまくっていた私でも楽しんで見れましたし)。


ただ相変わらず内容詰め込み過ぎ感はちょっと否めない感じ。主人公よりも脇役(バイプレイヤー)の方が良い味出しているのもポッターシリーズ同様…?w
ファンタビシリーズは全部で3部作(5部作という話もあるようですが)らしいので、続きを楽しみにしておこうかと思います。


あとこの映画、疲れている時に見に行かない方が良いかも。
魔法シーン(フラッシュ[雷][ぴかぴか(新しい)]シーンの嵐)で目が痛くなって結構キツかったです[たらーっ(汗)]




ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

遅れた初詣と無線LAN環境の再構築と [その他]

遅ばせながら明けましておめでとうございます。
案の定、年明け直後から高熱出して2日まで寝込んでいました…_( ┐ノε:)ノ
熱出しやすい体質とは言え、流石に元旦から熱出して寝込むのは相当久しぶりです[たらーっ(汗)]

例年なら遅くとも2日までには初詣に行き、その帰りに美術展や博物館へ出掛ける事が多いのですが、今年は3日になってようやく初詣。
病み上がりで人ごみの中をうろちょろするのは流石にキツイので、久々にのんびり映画でも見て来ようかとも思ったのですが、ほぼ満席状態になっていたので諦めて帰って来てしまいました(最前列&2番目の列しか空きが無く。2時間半も上見上げっぱなしは首と肩キツいです[たらーっ(汗)]


初詣はここ数年浦和の調神社(つきじんじゃ)に行っています。
小さい神社なのですがこの一帯では一番歴史がある神社らしく、初詣は毎年多くの参拝者が境内の外にまで列伸びます。
今年は3日だったので多少は空いているのかと思いきや、手水舎でも列を作る程混んでいました。
参拝の列は10時少し前に着いた時は本殿の前に並ぶくらいで済んでいましたが、参拝の後に御祈願を終わらせて帰る頃(11時半前)には参拝の列は入口から数十メートル先まで伸びていました[たらーっ(汗)](あそこまで並んでいると参拝するだけで1時間以上はかかる筈)


この調神社はコマイヌではなくコマウサギだったり、手水舎もウサギの口から水が出る様になっていたりと境内にやたら多く兎に関するものがある神社でして、兎好きの方の間ではちょっと有名な神社のようです。
小さい神社ながらも本殿には見事な彫刻が施されていたり、神楽殿には今年の大絵馬が飾られたりしているのですが、初詣シーズンに行くと人多くて写真撮るどころじゃないし、神楽殿は出店で隠されているし[あせあせ(飛び散る汗)]
一度空いていそうな時期を狙ってゆっくり参拝(&本殿や手水舎の写真を撮影)しようと毎年思うのですが、そもそも明るい時間帯に浦和方面に行く事が少なく、浦和駅から少し歩く事もあり、未だに初詣時期以外に詣でた事がありません[たらーっ(汗)]
この神社の七不思議と言われるものの1つに「境内に蚊がいない」「境内に蠅がいない」というものがあるそうなので、出来れば夏に行って確かめてみたいものです(*´ω`*)


今年新たに戴いて来た神楽焼の「神卯」
神楽1.jpg
神楽2.jpg
小さい方は5年前に戴いて来たものです(ところで神楽焼って…一体何なんでしょうか?焼き物が作られている地域名や窯名ではなさそうだし、調べても詳細が出て来ないんですよね)

御祈願で戴いて来た御神菓も神卯型の落雁。
和三盆.jpg



初詣から帰って来て、見られなかった映画の代わりにゆっくり自宅でオンデマンドムービーでも見ようかと思っていたら、無線LANが繋がっていない事に気付きました。
Chromecastはともかく、スマホがWi-fi繋げないとなるとだいぶ不便です。

AirMacユーティリティで確認すると「ファームウェアアップデートのお知らせ」が来ていたので「そっか、アップデート前だったから繋げなかったのか」とアップデート。
しかしアップデート完了後も何故かLANだけが繋がらず(有線だけは繋がる)、その内Time Capsule(LAN+バックアップ用HDD一体機)までがエラーランプ出て来る始末[あせあせ(飛び散る汗)]

6年半前に購入したTime Capsuleなので、そろそろ買い替え時なのかなぁ、と思いつつ、電源ケーブルを何度か抜き差ししてハード的に再起動。
それでもダメなので再度電源ケーブル抜いて暫く放置し、Time Capsule本体の放熱。
その後リセットボタン1秒押しでパスワードリセットして再設定を試みるも今度は本体を認識しない状態に[あせあせ(飛び散る汗)]
リセットボタン長押しで本体を完全リセット→ダメ。LANケーブルも一度全部外して何度か差し直し再度リセットボタン長押しでようやく本体認識。その後設定で出るエラー原因を1つずつ潰して再構築。
5時間近くかかっていろいろ試し、ようやく真夜中近くに無事Time capsule復活&LAN再設定が完了しました((((;+Д+))))
余計な出費しなくて済んだーーー[たらーっ(汗)]


結局、急にLANが繋がらなくなった原因は何だったのか判らずじまいなのですが、再設定し直したら何故か今まで上手く繋がらなかった5GHz設定が出来る様になっており、ネット速度が格段に上がっていました。
正月早々、運が良いのか悪いのか…[あせあせ(飛び散る汗)]




ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感