So-net無料ブログ作成
検索選択

金曜夜にリベンジ鑑賞「大英自然史博物館展」<第1会場編> [博物館]

さて、今週はどうにか体力も週末まで持ってくれたので、先週あまりの混雑っぷりでまともに見る事が出来なかった「大英自然史博物館展」をリベンジ鑑賞(ノ`Д´)ノ[あせあせ(飛び散る汗)]
博物館をじっくり見回る程の体力が無ければ、京橋の加島美術で開催されている渡辺省亭展を見ようかとも思ったのですが、気分はすっかり大英リベンジの方向へ向いておりました。

今度こそはじっくり時間かけて見るぞ!と意気込んで会社を1時間早めにフレックス退勤。

本場の大英博物館ホール.jpg
↑会場内ショップで購入したポストカード。
本場のミュージアムショップで販売されているものみたいです。
大英自然史博物館の中央ホールにはディプロドクス(愛称ディッピー)の全身骨格が飾られています(現在、このディッピー君はイギリス国内を巡回するため、他の展示に変わっているそうですが)


初日から大混雑だったので、22日から整理券配布での対応に変更されたそうです。流石はかはく、対応早い。
混んでいても整理券さえ貰っておけば、時間まで他の展示品を見たりして時間潰せると言う訳です。
てっきり土日とか混雑する時だけ整理券配布かと思いきや、平日ですぐに入場できる場合でも整理券配布でした。

金曜は夕方5時頃に会場到着。
チケット売り場には10数人ほど並んでいましたが、私はリピーターズパス持っているのでそのまま入場口へ(パス<1年間有効で1030円>買っておけば特別展は常設展代620円を差し引いた割引料金でいつでも入れます)
入場口前で整理券を配っていたので「あれ?並んでいないけれど整理券必要?」と思ったら「そのままお入りください」と。


整理券.jpg
因みに貰った整理券はこんな感じ。思ったよりも相当しっかりした整理券だぞ…Σ(・ω・/)/
しおりとしても使えそうです。
貰ったのは「呪われたアメジスト」柄でしたが、他の展示物デザインの整理券もあるのかなぁ?
日付によって違うデザインとかだったら面白そうですが。


今回は音声ガイドも借りていざ会場へ。先週の大混雑が嘘の様に空いています。
これならゆっくりじっくり鑑賞出来そう[ぴかぴか(新しい)]ヽ(・∀・)ノ[ぴかぴか(新しい)]



多少シュール系の写真が入るので記事はたたんでおきます。 苦手な方はご注意を。



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ




続きを読む?


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート