So-net無料ブログ作成

結局終わらぬ大掃除(;´Д`) [その他]

…いや、朝からガッツリ掃除するつもりではあったのですよ[たらーっ(汗)]

ところが親が隣県に住む親戚2軒におせち料理とお歳暮を届けに出掛けてしまい、その間に我が家のおせち料理の仕上げと夕飯の準備をしておくようにと言われてしまいまして…(;´Д`)


昼前に妹が姪とともに手伝いに来てくれましたが(もっとも姪は何もせず食べて寝てばかりなので手伝いの頭数には入らない[たらーっ(汗)])年末とあってスーパーも「これでもか」とばかりに混んでいる始末[あせあせ(飛び散る汗)]

用件を全部済ませて遅いお昼ご飯を食べる頃には既に15時を廻っておりました。
そこから慌てて掃除の続き。
どうにか小掃除程度は済ませましたが、もう残りは来年明けてからですかね…[たらーっ(汗)]
年末年始休みは今回11連休もあるのですが、こんな感じであっという間に終わってしまいそうで怖い(;´Д`)


11月に行った成田山後のうろちょろ記を書こうかと思っていたのですが、取り敢えず……来年から本気出す…orz

後は年明けるまでゲームでもしながらだらりと過ごします[たらーっ(汗)]




今年も拙い覚え書きブログを読んで頂いた皆様。
「いいね」やコメント頂きました皆様に多大なる感謝を[ぴかぴか(新しい)]
風邪など引かれませぬよう楽しいお正月をお迎えくださいませ(`・ω・)ゞ




ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

全てがフリーダムな博物館 インターメディアテク [博物館]

明日はもう大晦日だと言うのに、まだまだ部屋の掃除が終わりません(;´Д`)[あせあせ(飛び散る汗)]
今日は二度寝、三度寝と繰り返してしまい、起きたのは11時過ぎと言う体たらく[たらーっ(汗)]
昼過ぎからは昨日中に終わらせようと思いつつ終わらせ切れなかった干支の木目込み人形製作の続き。
(ここ数年、玄関飾り用に作っているものです。今年は妹宅用も含め計3体も作ったのでやたら時間がかかりました[たらーっ(汗)]
夕方辺りからはようやく大掃除にかかり始めましたが、今更遅い感が満載です[バッド(下向き矢印)]

まぁ、明日から本気出す…(苦笑)



さて、一昨日は東京駅方面へ出掛けた、と書きましたが、久しぶりにインターメディアテクにも足を延ばしてきました。
インターメディアテク、と大層な横文字の名称が付いておりますが、東京大学総合研究博物館と日本郵便株式会社が共同で運営を行っている施設。
殆ど博物館のようなもの、とでも言えば良いのでしょうか。

2013年3月に旧東京中央郵便局がKITTEと言う商業施設としてオープンした際、郵便集配業務に使われていた旧郵便局の2、3階部分にインターメディアテクが入りました。
東京駅の真ん前、という立地条件にありながら、入場無料という太っ腹な施設です。
残念ながら閉館時間が18時(入場は17時半まで)なので週末仕事帰りに寄ろうにも間に合わず、オープンした年に2回ほど行っただけで暫く行けていない状態だったのですが、展示内容も少し変わったみたいなので久しぶりに行ってみようかと。


インターメディアテクは博物館と言うにはちょっと微妙な施設です。
展示品は東京大学で研究のため拾集されてきたものがメインで、哺乳類や鳥類の剥製や骨格標本、鉱物標本など学校の理科室にあったものがグレードアップしたような展示が多いのですが、中には崩れたカエルの骨格標本(明治時代に作られたもの)や、赤瀬川原平が作った「大日本零円札(本物)」など「え?こんなものまで」という展示品も。
説明が無い展示品も多く、ただそこにオブジェのように置かれているものも多々存在します。
IMT-02.jpg

博物館として考えると物足りない感があるのですが、ここの施設の素晴らしいところは展示品を納めている棚などの什器類。
展示に使用されている什器は、かつて東京大学の研究室や実験室で使用されていたもの、旧東京中央郵便局の建築材などが利用されており、商業施設内とは思えない様な何とも言えないノスタルジー感を醸し出しています。
IMT-01.jpg


展示品数が結構多いので、じっくり見ているとすぐに1~2時間は経ってしまいます。
展示物を見て、什器も見る、という2段構えの見方をしていると余計に時間がかかってしまいますが、ここは什器とセットでの展示物として見た方が断然面白い。

例えば2年前にリヨン市のギメ博物館(ギメ東洋美術館)から100年前に作られた古展示ケース6台の寄贈を受けたのを記念して、その古展示ケースに展示品を入れた一画を「ギメ・ルーム」として開設されているのですが、ガラスケースの内の1つに大きなヒビが入っていました。
何でもリヨンからの運搬中にヒビが入ってしまい本来なら修復すべきところだけれど、ガラスを止めている接着剤が古い物で簡単に剥がれないこと。
また歴史的的な展示ケースなので容易に修復してしまうのもどうかと考え、ヒビが入ったままで展示することにした、などの説明があったりして、展示ケース1つにしてもストーリーがあるのが何とも言えないのです。

普通に展示されている什器だって、大学内の何処に置かれていてどんな使い方をされてきた、とかいろいろあったはず。
いっそ展示品よりもそっちの説明の方が欲しいな、と思う程(;´∀`)


これだけの展示施設なのに無料というのは非常に有り難いのですが、館内の写真撮影が一切禁止なのが残念です[たらーっ(汗)]
(上記の写真は他サイト様よりお借りした物です)
開館当初は「何れは写真撮影も可能になるように」みたいなスタンスだったので、もしかしたら写真撮影も出来る様になっているんではないかと期待しましたがダメでした[たらーっ(汗)]
…つД`)・゚゚・*:.。



お土産に東大が開発&販売しているアミノ酸サプリメントとハンドクリームを購入。
このサプリ飲んだら、最近スカスカになってきた脳細胞が復活しないかしら…(;´∀`)



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

今年もやっと仕事納め [ちょこっとうろちょろ]

今年中にやっておかなければいけない仕事の山。
最終日ギリギリで全部提出して…ようやく今年も無事に仕事納めです… (;´Д`)人(´Д`;)-…☆!!

佳境に入ってから終わらせるまで長かったーーーー[あせあせ(飛び散る汗)]
山場越えたと思う端から急ぎの仕事が飛び込んできたりするので、結局12月最終週までバタバタしてました。
いつもなら最終日は朝から大掃除、とまでは行かなくても自分の机廻り位を掃除するくらいの余裕があるのですが、今年はホントに最終日ギリまでぶっちぎってお仕事…[たらーっ(汗)]


最終日は15時で早上がりになるのでどこぞの美術展でも見て来ようかと思ったのですが、もう体力的に限界で、しっかり見て回れそうになく[たらーっ(汗)]

でもやっぱり何処かにうろちょろしたくなって取り敢えず東京駅方面へ繰り出してきました。
ミチテラス.jpg
東京ミチテラス2017の最終日で駅前付近が綺麗にライトアップしていましたが、寒いし、疲れたし、眠いし、で横着してJPタワーKITTE内の旧局長室から1枚。


明日はゆっくり休んで明後日から大掃除…いや小掃除でも始めよう[たらーっ(汗)]
うろちょろ記もようやく再開です(;´Д`)



ブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

忙しい、忙しいヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ [その他]

12月に入ってから公私共に多忙中でブログの更新停滞中でございます[たらーっ(汗)]

仕事の方は今週一杯が山場って感じでして、プライベートの方も年内に色々とやっておかなくちゃ行けない事が山積みです[バッド(下向き矢印)]

何事ももう少ししゃきしゃきこなしていけば良いのでしょうが、週始めから疲労が溜まってしまい、毎晩パソコンの前で舟漕ぎまくっている体たらく(;´Д`)
そんな訳でいろいろ週末になったらやっておこう、と思っている事が、半日寝てばかりとかで遅々として進んでいない状態だったりします。


忙しくてストレス溜まっていたのか、ここ暫くみぞおち付近の鈍痛が続いていたので、昨日は約4年ぶりに胃カメラ受けに病院へ行きました。
以前飲んだ時は1cm程の直径だった胃カメラのケーブル、今回は6mm位に細くなっておりました。
喉の麻酔も以前は喉の奥にキシロカインゼリーを15分程溜めておいてから更にキシロカインスプレー、その後腕にブスコパン打って胃の動きを止めてからカメラ、だったのですが、今回はキシロカインスプレー5回→すぐごっくんと飲み込むだけ。

だいぶ処置が簡略化されたなぁ、カメラケーブルも結構細くなったし、これなら飲むのも楽そう…??(・ω・)




……トンデモナイ[あせあせ(飛び散る汗)]

麻酔が簡素化されたせいか、喉の奥までしっかり麻酔が効いておらず、今まで飲んだ胃カメラの中で一番キツかったです[あせあせ(飛び散る汗)]
後半は胃カメラに塗りたくっていたキシロカインゼリーが効いたのか少しは楽でしたが、前半は嚥下反応との闘いでとにかく地獄でした[たらーっ(汗)]
何度も看護師さんに「肩の力抜きましょうねぇ、その方が楽ですよ」と言われましたが、あんな状態では力抜こうにも抜けませんって[たらーっ(汗)]


で、検査結果はタコイボ胃炎とのこと。
軽いびらん性の炎症→修復を繰り返して胃の粘膜が蛸の吸盤の様に盛り上がってしまう慢性化した胃炎だそうです。
幽門部分に3つ程タコイボがあるだけで、後は胃、十二指腸ともに綺麗なもんだと言われました。
みぞおち付近の不快感はどうもこのタコイボ君が原因だったようです。



今~来週末辺りからお出掛けブログに戻る予定です。



ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

成田山新勝寺で紅葉狩り [ちょこっとうろちょろ]

先週末の土曜日(11/18)は両親&妹と4人で千葉方面へドライブしてきました。
TVで成田山の紅葉を見た母が「行きたい」と父に言い出したのが事の発端。
私はその日は1人で別の美術館を見に行く予定だったのですが、方角としては千葉方面にある美術館ということで母も行きたがったため、父の運転する車に一緒に乗って行く事に。
近くに住んでいる妹は旦那が仕事&娘が学校で家に1人だけになってしまうのでついでに、ということで久しぶりに家族4人水入らずで車でお出掛け、ということになった訳です。
(まぁ今年の夏にも家族4人でホテル雅叙園の百段階段へ行きましたが、あの時は電車だったので)

自宅出てから2時間ほどで成田山新勝寺に到着。
成田山へは何度か来ていますが、以前来たのは何時だったか…。もう10年以上前だった筈なので結構久しぶりです。

電車で来た時は総門から入るのですが、今回は車なので成田山新勝寺に隣接している裏手の駐車場から入ります。
成田山1.jpg




写真多めなので続きは ↓ から。




ブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


タグ:神社仏閣
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

箱根強羅公園と宮ノ下の足湯 [旅行]

今日のYahooトップ、東福寺の紅葉が見頃になった、とそれはきれいな航空写真が掲載されていました。

良いなぁ…。去年のちょうど今頃に東福寺に行きましたが、去年はもう散り紅葉になっていたんですよね。紅葉の見頃を見極めるのは桜の見頃を見極めるよりも難しいです。
因みに今年の11月最終週末は通院で終わってしまいました(;´Д`)
行きつけの病院、ここ暫くいつも混んでいて、薬貰うだけなのに3~4時間かかってしまいます[たらーっ(汗)]


さて箱根旅行記最終回。

ポーラ美術館前から観光施設めぐりバスに乗って強羅方面へ。
帰りのロマンスカーまではまだ3時間ほどあったので、途中の箱根強羅公園で途中下車して公園内を見ながら強羅駅へ行く事にしました。
ここは入園料大人550円かかるのですが、箱根フリーパスを持っていれば入園料無料になります。


時期的にバラが見頃になっているんじゃないか、と期待して降りたのですが、残念ながら殆どバラ咲いておらず[たらーっ(汗)]
ここには吹きガラスや陶芸体験が出来るクラフトハウスもあって、吹きガラスなら体験時間15分ほどでオリジナル作品を作る事が出来るのですが

妹「…でも…お高いんでしょう[exclamation&question]

私「…吹きガラス体験だと送料入れて軽く一葉さんお一人ってとこかしらね[たらーっ(汗)]

妹「却下で[exclamation×2]


で、無料の「秋の山野草展」へ(苦笑)
強羅公園1.jpg

山野草の盆栽を展示していたり、山野草の販売コーナーなどが中心なのですが、庭園風にレイアウトされた一角もありました。
強羅公園2.jpg

よく見ると小さな滝なども作ってあり、なかなか手が込んでいます。
強羅公園4.jpg

妹が「赤い色のなんて珍しい」と喜んでいた大文字草
強羅公園3.jpg


富士屋ホテルの温室は見られませんでしたが、強羅公園の温室は今回も見る事が出来ました。
強羅公園5.jpg


強羅公園を出て急坂を下ると強羅駅が見えてきます。
駅構内に登山鉄道の模型が展示されていました。
強羅駅.jpg
「101」とあるのでモハ1形のようです。
(モハ1形101号と102号は2002年で引退)
モハ形タイプは何度か乗りましたが、1形だったか2形だったか。


ホームに入って来たのは最新の3000形「アレグラ号」
強羅駅1.jpg
時間は14時半近くでしたが、まだまだ沢山のお客さんを載せています。
火山ガスで止まっていたロープウェイは運行復帰して動き始めていたようでしたが、いつまた運休するか判らない状態、とアナウンスが流れていました。


荷物は送ってあったのでそのまま箱根湯本駅に向かっても良かったのですが、鉱泉煎餅と富士屋ホテルのアップルパイをお土産に買って帰りたかったので宮ノ下駅で一旦下車。
前日18時前に行った時は既に閉まっていた鉱泉煎餅のお店でしたが、2日目は無事に買う事ができました。

宮ノ下駅前には無料の足湯があるカフェ「NARAYA CAFE」があります。
帰り際、妹がどうしても足湯に入りたい、と言うのでカフェでドリンク買ってから足湯へ。
宮ノ下足湯.jpg
足湯のある場所は屋根がかかっているので、雨模様でも足湯を楽しむ事が出来ます。
まだ時間には余裕があったのでのんびり足湯を楽しんでもいいかな、と思ったのですが、先に座っていた男女2名+後から合流した女性1名がヤンキー口調で何やらこちらの悪口を小声で言っていたので、折角の旅行、イヤな気分で終わりたくなかったしさっさと引き上げました。
(どうもこちらがドリンクを注文してから座った席が、後から来た女性が先に取っていたつもりの席だったようです。荷物が置いてあったり、先に座っていた2名が『そこは人が来ます』とか言えば座りはしなかったのですが、何も言われず、荷物も何も置いていなかったので。 後から来た女性に「そこ席取っていました」と言われて場所をずれたのですが、結局向かい側に先に座っていた2名の横にあった空き席に後から来た女性は移動していました)


箱根湯本駅付近でちょっとだけお土産物色したりして
帰りは17時05分発のメトロはこね24号
箱根湯本駅.jpg
天気とロープウェイ(と宮ノ下のヤンキー口調女性)だけがちょっと残念だった箱根旅行でした。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:箱根旅行
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポーラ美術館開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」 [美術館]

今週末は国立西洋美術館へ「北斎とジャポニズム」展を見に行くつもりだったのですが、ちょっと予定変更して千葉方面へ紅葉狩りに行ってきました。
まぁその話は後日書くとして、箱根旅行の続きを先に。



桃源台駅前から箱根登山バスT路線に乗り、途中の仙郷楼前バス停で観光施設めぐりバスに乗り換え、ポーラ美術館を目指します。
桃源台駅からはすぐにバスが来て乗れたのですが、仙郷楼前でなかなかバスが来なかったので美術館へ着いた頃には11時半になっていました。

約1年ぶりのポーラ美術館着。妹は初ポーラです。
ポーラ1.jpg
雨模様だからか思っていたよりも人が多いかも。

館内に入ってエントランスのある1階に降りるとすぐ目に付く屋外作品
しあわせな犬
ポーラ2.jpg
ハロウィンだから?それとも芸術の秋だから?
ベレー帽被って絵筆とパレット持っておめかししておりました。

ここの美術館も箱根フリーパスを提示すると入場料が200円割引の1600円になります。
荷物をロッカーに預けてから入場料を払って地階の会場へ。
ポーラ美術館では2017年10月1日~2018年3月11日まで開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」が開催されています。
今回はポーラ美術館所有作品による特別展なので一部の作品を除いて撮影OKになっていました。

何点か昨年見た作品も含まれていましたが、名画は何度見ても良いものなので問題無し(`・ω・)b
今回の特別展では100点の作品を1860年代~1960年代までの年代別に20のテーマに分け、西洋と日本の近代絵画の流れを順番に見て行く構成になっていました。
(が、それに気付かず最初に第二会場になっている地下2階から先に廻ってしまったので1920年代から先に見る事に[あせあせ(飛び散る汗)]

作品には各界で活躍している17名から「この絵が名画である理由」をテーマとしたコメントも一緒に紹介されていました。



写真多めなので続きは ↓ から




にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

箱根旅行記2017秋【箱根神社と海賊船】 [旅行]

箱根旅行記に戻ります。

箱根旅行2日目(10/28)は雨模様でスタート。
天気によっては美術館メインで廻るルートで考えていたのですが、それほど酷い雨でもなかったので前日乗り損ねた海賊船に乗る事にしました。
妹は箱根ドールハウス美術館ポーラ美術館へ行きたがっていたので、ルートを調べてみたら、ドールハウス美術館はちょうど富士屋ホテルから海賊船乗り場のある元箱根港へ向かうバスルートの途中にある事が判明。
じゃ、ドールハウス美術館から行ってみようかとも考えていたのですが、この美術館は開館時間が10時から。
その後見て回ろうと考えていたルートの予定が厳しくなってしまいそうなので今回は諦めてまずは箱根神社へ向かう事にしました。

まずは富士屋ホテル内のレストラン「ザ・フジヤ」で朝ご飯。
富士屋ホテル1.jpg

ハロウィン直前だったので、レストラン前の飾りはハロウィン仕様になっていました。
富士屋ホテル2.jpg
この奥は宴会場のカスケードルームか厨房にでも繋がっているのでしょうか。いつも屏風が置かれていて奥には行けない様になっています。


続きは ↓ から。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ



続きを読む?


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

VRってスゴイんデス!?「VRウユニ塩湖」@国立科学博物館 [博物館]

第2会場ではパネル展示の他に「VRウユニ塩湖」なる有料(1回500円)アトラクションゾーンがありました。
スルーしてミュージアムショップへ行こうかと思ったのですが、そう言えば最近のVRって体験した事が無いし、それに4K映像コーナーのウユニ塩湖、キレイだったなぁ…。
1回はやってみても良いかも、と思い直し列へ。

ちょうどその日最後の回の残り1人分にギリギリで入る事が出来ました。


待っている間にアトラクションの説明が。
VR世界内ではプレイヤーはエケコ人形になり、両手に持ったコントローラーがエケコ人形の手になって願い事アイテムを取れるとのこと。

取ったアイテムはエケコ人形の頭や胸に付ける事が出来て、自分だけのオリジナルエケコ人形に。
出来上がったエケコ人形はアトラクション内でスクリーンショット撮影をしてくれ、サイト上でいつでも見られる様にQRコードを渡してくれる、というものでした。
所用時間は10分ほどですが、VR用の機械を取り付けてもらったりする時間も含めて、なので実際VR映像を見ている時間は5分もなかったと思います。


順番が来てVRヘッドセット被らせてもらい(顔に密着する部分にはちゃんと使い捨てのシートを付けてくれます)コントローラーを持たせてもらってVRウユニ塩湖の旅へスタート。


そして最後に出来上がった自分的オリジナルエケコ人形がこれ
VRウユニ.jpeg
ショボい(;´Д`)

…何かもっと色々アイテムをくっ付けられたみたいなのですが、上手く付けられずに時間終了になってしまい「何じゃ、こりゃ[たらーっ(汗)]」なエケコ人形に。


肝心のVR画像ですが、メガネをかけたままヘッドセットを被ってしまったせいかピントぼけぼけになってしまい、全く臨場感を感じられなかったのが残念でした[たらーっ(汗)]
椅子に座った状態で操作するので、手以外の動きが殆どなかったのもあるから余計臨場感に乏しかったのかもしれませんが、基本的には昔持っていたヘッドマウントディスプレイと何ら変わっていなかったような気がします(;´Д`)




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

アンデスってスゴイんデス!?「古代アンデス文明展」@国立科学博物館 その2 [博物館]

記事を書く時いつもちょっと悩むのです。
美術館うろちょろネタなら共通テーマは「アート」で良いのですが、博物館うろちょろネタだと必ずしもアートじゃない場合があるのでどれにしようか、と。

「歴史」や「文化」テーマとかがあるならそっちにするのですが、So-netブログのテーマカテゴリーにはないんですよね(;´Д`)
今回の「古代アンデス文明展」もちょっと悩んで「アート」にしてみましたが、まぁ広い目で見てみたら間違いなくアートですよね。


モチェ文化から進んで次はナスカ文化へ。
ナスカと言えば地上絵が有名ですが、今回は地上絵に関する展示はほぼ無しです。

「4つの首が描かれた土製内弯鉢」ナスカ文化
アンデス18.jpg
いきなりデザインがマンガチックになった、と思って見たら描かれているのは首級または奉納用の首だとか…(((( ;゚Д゚)))[あせあせ(飛び散る汗)]

「2匹の魚が描かれた土製の皿」ナスカ文化
アンデス19.jpg
ナスカ文化はモチェ文化とほぼ同時期に発展した文化ですが、モチェ文化より簡素化されつつもモチーフの特徴をよく捉えている大胆なデザインになっています。


写真多めなので続きは ↓ から。



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ


続きを読む?


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート