So-net無料ブログ作成

上野で春日大社に詣でるのだ!「春日大社 千年の至宝」展 [博物館]

いつもは遅くまで寝ている事が多い土曜日ですが、今週は東京国立博物館の開館時間に併せて早起きして上野へ。
予定通り「春日大社 千年の至宝」展を見に行ってきました。
春日1.jpg


冷たい雨混じりの昨日と比べたら天気も良いし、上野公園に着いたら1本だけだけど寒桜でプチ花見も出来たし、たまには明るい内に美術鑑賞も良いなぁ(*´ω`*)
寒桜スマホ.jpg
寒桜.jpg

…なんて考えながらトーハク前に行くと…うわわ[あせあせ(飛び散る汗)]既に博物館前に凄い人数が並んでいる[exclamation&question][あせあせ(飛び散る汗)]

よくよく見るとどうも特別展チケットを購入する為の列でした。
年間パスポート持っているのでそのまま並ぶ事無く入場したのですが、平成館前まで行くと…
春日入り口.jpg
やっぱり並んでるぅぅーー[exclamation×2][あせあせ(飛び散る汗)]

入場口が混雑するのを避けるため小分けに区切って入場させていたからで10分もしないで入場できましたが、主催のNHKがちょいちょい春日大社展の特番組んで番宣していたのが効いているらしく、いつもより混んでいる感じ。
荷物をロッカーにさっさと預けて会場に入るともう展示品前には人だかりが出来ていました。
春日2.jpg


春日大社は昨年秋に式年造替(しきねんぞうたい)と呼ばれる20年ごとに行われる社殿の大修築を終えたばかり。
しかも昨年の式年造替は第六十次。つまり60回目というキリの良い節目だった訳で。
第六十次式年造替を記念して、古神宝である「金地螺鈿毛抜形太刀」の復元が行われたり、社殿前を飾る瑠璃灯籠や狛犬が新調されたりしました。
今回の展覧会は今回の式年造替で撤下されたばかりの狛犬四対八軀が展示されたり、展覧会会場内に五十八次の式年造替で撤下された実際の御間塀(おあいべい)を使い、御本殿の第二殿を再現したり、と実際に春日大社へ詣でた気分になれる見どころ満載の展覧会です。


最初の展示は今回の見どころの1つ『神鹿』の美術をテーマにした展示なのですが、あれ?この神鹿像は以前もここで見た事がありますよ?
春日神鹿御正体.jpg
4年前の特別展「国宝 大神社展」で見たものでした。
この像だけでなく、他にも何点か大神社展で見た様な展示品がちらほらありました。


御本殿前を彩る瑠璃灯籠の展示も今回の式年造替で撤下されたもののようです。
瑠璃灯籠.jpg
火袋部分が小さな青い蜻蛉玉(ビーズ)で出来ていて「これ、火が灯ったらさぞかし綺麗なんだろうなぁ、見たいなぁ」と思っていたら、隣のスペースに再現されていたレプリカ御本殿第二殿でレプリカ瑠璃灯籠が灯っているのを見る事が出来ました
(今年の「ゆく年くる年」でも新調された瑠璃灯籠が灯っているのを放送していた模様。普段御本殿は非公開なので、映像でもレプリカでも見れると嬉しい)


今回の展覧会では中元万灯籠を再現したコーナーだけ撮影可能でした。
万灯籠1.jpg
万灯籠2.jpg
万灯籠3.jpg
雰囲気は出ているんでしょうが…。いつか本物の万灯籠を見に行ってみたいものです。


会場には「よくこんなのを運び入れたな!」と思う程大きな鼉太鼓(高さ6.5m!複製だけど実際の神祭で使用されているもの)の展示や、見事な細工の舎利厨子の数々。神楽で使用される面や装束など「これでもか!」と見応えのある展示品が沢山あって、朝一で入場した筈なのに気付いたらあっと言う間に12時。
2時間半近くもじっくり見ちゃったーー(;´Д`)[あせあせ(飛び散る汗)]
思っていたよりずいぶん楽しめた展覧会でした。

いつもは閉店して食べられないラウンジ内の鶴屋吉信であんトースト食べつつ、後期展示が始まったらもう1回土曜日にゆっくり見に来ても良いかなぁ、などと考え始めていたり。


そう言えば京都は何回も行ってるクセに、奈良には中学三年の修学旅行以来行った事がありません。
雉猫さんとの京都旅行で何度か「1日位は奈良方面に行きたい」と打診はしていたのですが、雉猫さんは行き先完全に人任せで「特に行きたい所ないので何処でも良いですよ」という割に、結局奈良方面には行きたがらないのでつい足が遠のいてしまっていた訳で。


でも…行きたきゃ1人で行ってくれば良いんですよね[exclamation]
4月にはまた京都に1泊2日で花見しに行くつもりでいたので、1日は奈良方面に足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

コメント欄は承認制です。

日々すり減っていく脳細胞の代わりに記録しておく備忘録的なお出掛けetc日記

【注】コメント欄にURLは記載しないで下さい。 スパム防止のため、URLを記載するとコメント記事が消える様になっています。