So-net無料ブログ作成

全てがフリーダムな博物館 インターメディアテク [博物館]

明日はもう大晦日だと言うのに、まだまだ部屋の掃除が終わりません(;´Д`)[あせあせ(飛び散る汗)]
今日は二度寝、三度寝と繰り返してしまい、起きたのは11時過ぎと言う体たらく[たらーっ(汗)]
昼過ぎからは昨日中に終わらせようと思いつつ終わらせ切れなかった干支の木目込み人形製作の続き。
(ここ数年、玄関飾り用に作っているものです。今年は妹宅用も含め計3体も作ったのでやたら時間がかかりました[たらーっ(汗)]
夕方辺りからはようやく大掃除にかかり始めましたが、今更遅い感が満載です[バッド(下向き矢印)]

まぁ、明日から本気出す…(苦笑)



さて、一昨日は東京駅方面へ出掛けた、と書きましたが、久しぶりにインターメディアテクにも足を延ばしてきました。
インターメディアテク、と大層な横文字の名称が付いておりますが、東京大学総合研究博物館と日本郵便株式会社が共同で運営を行っている施設。
殆ど博物館のようなもの、とでも言えば良いのでしょうか。

2013年3月に旧東京中央郵便局がKITTEと言う商業施設としてオープンした際、郵便集配業務に使われていた旧郵便局の2、3階部分にインターメディアテクが入りました。
東京駅の真ん前、という立地条件にありながら、入場無料という太っ腹な施設です。
残念ながら閉館時間が18時(入場は17時半まで)なので週末仕事帰りに寄ろうにも間に合わず、オープンした年に2回ほど行っただけで暫く行けていない状態だったのですが、展示内容も少し変わったみたいなので久しぶりに行ってみようかと。


インターメディアテクは博物館と言うにはちょっと微妙な施設です。
展示品は東京大学で研究のため拾集されてきたものがメインで、哺乳類や鳥類の剥製や骨格標本、鉱物標本など学校の理科室にあったものがグレードアップしたような展示が多いのですが、中には崩れたカエルの骨格標本(明治時代に作られたもの)や、赤瀬川原平が作った「大日本零円札(本物)」など「え?こんなものまで」という展示品も。
説明が無い展示品も多く、ただそこにオブジェのように置かれているものも多々存在します。
IMT-02.jpg

博物館として考えると物足りない感があるのですが、ここの施設の素晴らしいところは展示品を納めている棚などの什器類。
展示に使用されている什器は、かつて東京大学の研究室や実験室で使用されていたもの、旧東京中央郵便局の建築材などが利用されており、商業施設内とは思えない様な何とも言えないノスタルジー感を醸し出しています。
IMT-01.jpg


展示品数が結構多いので、じっくり見ているとすぐに1~2時間は経ってしまいます。
展示物を見て、什器も見る、という2段構えの見方をしていると余計に時間がかかってしまいますが、ここは什器とセットでの展示物として見た方が断然面白い。

例えば2年前にリヨン市のギメ博物館(ギメ東洋美術館)から100年前に作られた古展示ケース6台の寄贈を受けたのを記念して、その古展示ケースに展示品を入れた一画を「ギメ・ルーム」として開設されているのですが、ガラスケースの内の1つに大きなヒビが入っていました。
何でもリヨンからの運搬中にヒビが入ってしまい本来なら修復すべきところだけれど、ガラスを止めている接着剤が古い物で簡単に剥がれないこと。
また歴史的的な展示ケースなので容易に修復してしまうのもどうかと考え、ヒビが入ったままで展示することにした、などの説明があったりして、展示ケース1つにしてもストーリーがあるのが何とも言えないのです。

普通に展示されている什器だって、大学内の何処に置かれていてどんな使い方をされてきた、とかいろいろあったはず。
いっそ展示品よりもそっちの説明の方が欲しいな、と思う程(;´∀`)


これだけの展示施設なのに無料というのは非常に有り難いのですが、館内の写真撮影が一切禁止なのが残念です[たらーっ(汗)]
(上記の写真は他サイト様よりお借りした物です)
開館当初は「何れは写真撮影も可能になるように」みたいなスタンスだったので、もしかしたら写真撮影も出来る様になっているんではないかと期待しましたがダメでした[たらーっ(汗)]
…つД`)・゚゚・*:.。



お土産に東大が開発&販売しているアミノ酸サプリメントとハンドクリームを購入。
このサプリ飲んだら、最近スカスカになってきた脳細胞が復活しないかしら…(;´∀`)



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(7)  コメント(2) 

nice! 7

コメント 2

middrinn

そらそら様は実作者でもあったのですね(^^)
美術館巡りで養われたセンスが活かされた
干支飾りの木目込み細工なんでしょうから、
お母様も出来上りを楽しみにされてると(^^)
インターメディアテクは御説明を伺った限りでは
カオスなようですし、そーゆー説明を愉しめる
人間向きということで、面白そうです(^^)
では、大掃除、本気だして下さ~い(^o^)丿
by middrinn (2017-12-31 07:26) 

そらそら

残念ながら生地までセットになった木目込細工ですので、私のセンスは皆無でございます(;´∀`)
どうやっても木目込みにくい生地というのもあるので、出来上がりの見本写真からそれっぽい生地を使ったキットは避けて購入するのですが、写真だけだと判りにくい事もありまして、今年は仕上げるまでにだいぶ苦労してしまいました。
ぶっちゃけ、既に出来上がっている干支飾りを買った方が安上がりなのですが、何かもう母が楽しみにしているので辞めるに辞められない状態です(;´∀`)

インターメディアテク、元々は東京大学総合研究博物館小石川分館に展示されていた展示品をKITTE内に移設した施設のようです。
小石川分館はインターメディアテクに展示品を移設した後、耐震工事などを施されて今は建築ミュージアムとして公開されていますが、そちらはまだ未踏。何れ小石川の方にも足を伸ばしてみたいものです。
by そらそら (2018-01-01 23:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コメント欄は承認制です。

日々すり減っていく脳細胞の代わりに記録しておく備忘録的なお出掛けetc日記

【注】コメント欄にURLは記載しないで下さい。 スパム防止のため、URLを記載するとコメント記事が消える様になっています。