So-net無料ブログ作成

2018年秋 親子de山梨旅:宿泊先【フルーツパーク富士屋ホテル】 [旅行]

台風25号が通り過ぎて、置き土産のフェーン現象でまたしても暑さがカムバックした連休前半(;´Д`)
今日は気温が一気に下がりましたが一旦屋根裏に籠ってしまった熱気はなかなか抜けず、屋根裏の下にある自室では今日も1日エアコン入れておりました。
寒さには強いのですが、暑いのはとにかく苦手なのです(>_<)
 25度越えるともうちょっと動くと汗出てきます。


山梨旅行に出掛けた時、初日は少し寒いくらいの気温でしたが、私にとってはちょうど良いくらいでした。
甲府駅前で少しだけ観光らしきうろちょろしてからまた電車に乗り、山梨市駅へ到着したのが16時半を少し回ったくらい。
今回の宿泊先は「フルーツパーク富士屋ホテル」です。
笛吹川フルーツ公園内に建っており、山梨市駅からは少し距離があります。
膝の悪い母連れて歩ける距離ではないので素直にタクシー乗り場へ。フルーツパーク富士屋ホテルまでは大体1600円ちょっとくらいです。
因みに駅前からホテルの送迎バスも出ているのですが、14時05分と16時05分発の2本しかありません。
甲府駅でうろちょろしなければ16時05分のバスには間に合ったのかもしれませんが、送迎バスは事前予約制[たらーっ(汗)]
今回は清里観光してから向かうつもりだったので、どうやっても間に合わないと思っていたため予約はしていませんでした。


10分弱でフルーツパーク富士屋ホテルへ到着。
チェックインを済ませて部屋へ。
フルーツパーク富士屋2.JPG
今回は3人なので部屋をアップグレードしてデラックスツインルームにしてみました。


続きは ↓ から



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ





スタンダードツインルーム(36㎡)か和室(10畳)ならリゾートパスポート1枚(1~2名まで)に1人分の差額6534円プラスだけでOKなのですが、流石に3人だとちょっと狭そうだったので。
デラックスツインルームにすると通常は部屋の差額が4000円プラスになるのですが、リゾートパスポートの会誌「季節の便り 期間限定」とやらで差額が半額の2000円プラスになっていました。


デラックスツインルームは広さ46m²とだいぶゆったりです。
フルーツパーク富士屋1.JPG
窓際にエキストラベッド入れてもまだこの余裕(*´ω`*)

窓からは笛吹川フルーツ公園と山梨市の町並みが一望出来ます。
フルーツパーク富士屋3.JPG
フルーツパーク富士屋5.JPG
7月末に一足先にリゾートパスポート使って宿泊した母曰く、夜景がそれはそれは綺麗なのだそうですがこの日は生憎の悪天候[たらーっ(汗)]


ホテルの前には噴水。
フルーツパーク富士屋4.JPG
フルーツ公園内にもワインで有名な山梨らしく、ワイングラスを模した噴水などがあったそうなのですが、悪天候&着いた時は既に夕方ということもあって今回公園内は全く散策しませんでした(;´Д`)


室内の写真を少々(と言ってもバスルームくらいですが)
フルーツパーク富士屋6.JPG
フルーツパーク富士屋7.JPG
アメニティ類は箱根・宮の下の富士屋ホテルと同じ物でしたが、ヘアバンドセットとミニソープはありませんでした。
でもシャンプー、コンディショナーなどのミニボトルは1人1本ずつあるようです(箱根では2人で1本ずつでしたので)
因みにここは地下1階に温泉大浴場があるのでバスは使用せずでした(ちょこっと足だけ洗うのに使用)


山梨市駅付近で食事が出来そうな場所がなさげだったので、夕飯はホテル内の日本料理「笛吹川」で予約をしていたのですが、まさかの18時回予約が一杯で、20時からしか空いておらず[たらーっ(汗)]
当日になっても期待していた18時回のキャンセルが出ていなかったので、20時~夕飯までにはまだまだ時間があります。
先に大浴場に浸かって疲れを取る事にしました。


大浴場はアルカリ性単純温泉で掛け流しと循環式の併用。
大浴場入口部分には男女共にドアとかないので、ビジネスホテルでの大浴場慣れしているとセキュリティ的にどうよ、と思ってしまいます。
バスタオルとタオルは大浴場に備え付けがあるので部屋から持っていかなくても良い点は◎なのですが、ヘアブラシなどのアメニティは紫外線ランプで消毒したものを使い回しなので、部屋から持参した方がいいかも。

温泉は加水&加温しているのですが、流石に温泉。入った後はしばらくポカポカして汗がどんどん出てきました。
天気がよければ露天風呂からは富士山や夜景が見えるらしいのですが、ガスっていて何も見えやしない(;´∀`)
母が大浴場は男性用と女性用で毎日入れ替わる、と言うので、次の日の朝も早起きして入って来たのですが、次の日も女性用大浴場は同じ場所でした。
公式サイト見る限りでは男性用、女性用大浴場はどうも入れ替えなくて固定みたいです(母の記憶違いの模様[たらーっ(汗)]


温泉上がって母と妹は風に当たりがてら外へ。
私だけ部屋に戻ってきましたが、ふと窓の外を見ると雲が切れて少しだけ夜景が見えている…Σ(・ω・/)/
フルーツパーク富士屋11.jpg
慌てて写真撮りまくってみましたが部屋の電気が窓に写り込んだり(>_<)
電気消しつつ撮ってもみましたが、そもそもコンデジ&手持ち撮影なのでここら辺が限界[たらーっ(汗)]


じきに母と妹が戻って来て「さっき窓から写真撮っていたのが見えたから手を振ったのに気付かなかったでしょ(笑)」と。
いや、暗い外からなら部屋は判り易いかもだけど、部屋の中から暗い外見てもあんまり見えませんからーー(;´Д`)


そうこうしている内にフロントから「夕飯の準備が出来ましたので」と電話がありました。ようやく夕飯です。
18時回は満席だった様ですが、20時回は私たちを含め2組しか食事客がいません。
のんびり食べているとだいぶ遅い時間になりそうなので、ハイピッチで食事を済ませます。
フルーツパーク富士屋8.JPG
レストラン側も早めに終わらせたいと思っているのか、食べ終わるとすぐに次のコースメニューが。
フルーツパーク富士屋9.JPG
母が食べている途中の料理まで持っていこうとされました[たらーっ(汗)]
あぁぁ、折角の素敵な料理なので、もう少し目で楽しみながらのんびりと味わって食べたかったなぁ(>_<)

「フルーツパーク」らしく、デザートはフルーツ尽くし
フルーツパーク富士屋10.JPG
葡萄はとても美味しかったのですが、梨は甘味が無く水っぽいだけだったのが残念[たらーっ(汗)]

料理は全体的にまぁ美味しかったのですが、何故かご飯ものだけ激まずでした[たらーっ(汗)]
夕飯の時はたまたま美味しくなかったのかと思っていたのですが、次の日の朝食(やはり笛吹川で和食)でもご飯だけ激まず…[たらーっ(汗)]
山梨ってお米美味しくなかったんでしたっけ??
私は普段それほど米の味は気にしないで食べる方なので、よく母に「折角の美味しい新米なのに」と嘆かれたりするのですが、その私ですら「美味しくない[たらーっ(汗)]」と思ってしまうくらいだったので、相当不味いレベルなんではないかと[たらーっ(汗)]
既にお腹も一杯だった事もあり、流石にご飯ものは1口~2口食べただけで残してしまいました[たらーっ(汗)]
あぁぁ、食事はやっぱり元祖富士屋ホテルの方が良いなぁ[たらーっ(汗)] 富士屋ホテルのカレーが恋しい(;´∀`)


小一時間ほどで食べ終わってから食後の腹ごなしに外を少しだけぶらぶら。
フルーツパーク富士屋12.JPG
フルーツパーク富士屋13.JPG
時々雲が切れて夜景が見えますが、またすぐに雲で隠れたり。
晴れていたら確かに見事な夜景が楽しめたのでしょうが、少しでも夜景が見えたので完全に雨で何も見えないよりはまだまだよかった、ということにしておきましょう。

そして次の日の朝も若干曇っていたので、富士山だけは残念ながら全く拝む事ができませんでした。




極めて個人的な評価
【サービス】 ★★★★☆(フロントは◎ レストランがね…ややマイナス)
【交通】   ★★☆☆☆(タクシー必須。送迎バスの時間に合えば★4つくらい)
【部屋】   ★★★★☆(全体的に綺麗ではあるのですが、若干の古さは目に付きます)
【浴場】   ★★★★☆(セキュリティ面でちょっと不安。風呂は広くて快適です)
【設備】   ★★★★☆(可もなく不可もなく)
【食事】   ★★★☆☆(次回来る事があったら今度は洋食にしてみようかと)
【アメニティ】★★★☆☆(まぁ普通かなぁ[たらーっ(汗)] 大浴場のアメニティだけもう少し充実してほしい)



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コメント欄は承認制です。

日々すり減っていく脳細胞の代わりに記録しておく備忘録的なお出掛けetc日記

【注】コメント欄にURLは記載しないで下さい。 スパム防止のため、URLを記載するとコメント記事が消える様になっています。